トラボルタ、スペースシャトル搭乗のオファー断る

宇宙への夢にはお金がかかる
  • 宇宙への夢にはお金がかかる

飛行機好きで知られるジョン・トラボルタは、ヴァージングループの会長リチャード・ブランソンから、来年ヴァージン・ギャラクティック社のスペースシャトルで宇宙に行ってみないかと誘われたそうだが、経済上の事情で断ったらしい。

「やってみたいと思うよ。スペースシャトルに乗ってみないかというオファーは、(ヴァージンより)もっと小さいプロジェクトを含めて、いくつか来たよ」「でも、そういうことをしようと思ったら、6か月ぐらいは訓練を受けないといけない。その間僕は仕事ができなくなるだろう。その分の収入を補ってもらえるんだったらやってもいいよ、と彼らには答えてある」と語っている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報