【テレビの開拓者たち / 井上由美子】「昼顔」「キントリ」脚本家が明かす2つのこだわり(1/3)

テレビ局勤務を経て脚本家デビューを果たし、以降、NHKの朝ドラや大河ドラマ、民放の連ドラ、WOWOWのドラマWなどなど、実に数多くの話題作を送り出してきている脚本家・井上由美子氏。現在大好評を博し、6月15日(木)にいよいよ最終回を迎える「緊急取調室」シーズン2など、そのリアリティーあふれる作風から“社会派”の作家という評価を受けることも多い彼女だが、自身にはその意識は全くないという。そんな井上氏に、これまで手掛けた主な作品を振り返ってもらいつつ、脚本作りのこだわりについて聞いた。

「北条時宗」は、定番の題材ではないからこそ面白いんだって自分を励ましながら書き上げました

いのうえ・ゆみこ=1961年生まれ、兵庫県出身
  • いのうえ・ゆみこ=1961年生まれ、兵庫県出身

──脚本家になる前はテレビ東京にお勤めだったそうですね。

「もともとテレビドラマが大好きで、テレビに関わりたいというミーハーな感じで入社したんですが、営業事務というドラマ制作とは無縁の部署だったので、数年で退社させていただいて。そのときはドラマを作りたいと思っていたので、何が何でも脚本家というわけではなく、プロデューサーや監督になりたいとも思っていたんです。でも、昔から向田邦子さんや山田太一さんのドラマを見ていて、脚本家に対する憧れは強くありましたし、ドラマの最初の設計図を作るのは面白そうだなと思って、シナリオスクールに通い始めたんです」

──'91年に脚本家としてデビューされて、早くも'96年には朝ドラの「ひまわり」(NHK総合ほか)を手掛けられています。

「連ドラ自体が初めてなのに、いきなり週6話で半年間も続く朝ドラなんて自分に書けるのかなって、本当にわけも分からないまま始まったんですけど、終わってみたら、『なんとかやり通せた。私、脚本家としてやっていけるかも』って自信がついて。作品の内容というより、分量的な部分での自信ってことなんですけど、ともあれ『ひまわり』は、すごく大切な作品の一つですね」

──その後、「きらきらひかる」('98年フジ系)で初の民放連ドラのメーンライターを務め、それを機に、数々の作品を手掛けられるようになるわけですが、'01年には大河ドラマ「北条時宗」(NHK総合ほか)で、今度は1年間という長丁場のお仕事に臨まれて。

「思い出すだけで汗をかきそうです(笑)。時宗は、例えば(源)義経とか(織田)信長みたいな歴史物の定番の題材ではないし、資料もあまりなければ、講談にもなっていないんですね。クライマックスも蒙古襲来という視聴者にとってイメージしにくいものだったので、その辺はやっぱり難しかったです。でも、だからこそ面白いんだって自分を励ましながら書き上げました」

「14才の母」というタイトルに込めた思いとは?(2/3)
「緊急取調室」
毎週木曜夜9.00-9.54 テレビ朝日系にて放送
※最終回は6月15日(木)放送
 
「ひょうきん族」「電波少年」など伝説の番組の“裏話”が満載!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報