ネット化の時代でも年賀状は9割が「直筆」、投函数は「60通」

手書きのコメントがうれしい、年賀状。家族や子供の写真、手書きのイラストなど、オリジナリティーあふれるデザインも楽しい。今年はどんな年賀状が届くかな?
  • 手書きのコメントがうれしい、年賀状。家族や子供の写真、手書きのイラストなど、オリジナリティーあふれるデザインも楽しい。今年はどんな年賀状が届くかな?

メールなどで年賀状を送る「年賀メール」が浸透し、年賀状を出す枚数が減っていると言われている昨今、意外なアンケート結果が出た。年賀状に直筆コメントを書くことを意識している人は約9割、2010年の正月に出す年賀状の予定数は平均60.1通だというのだ。

平成22年用 お年玉付年賀はがき広報事務局が、全国の15〜69歳の男女1164人に行った『年賀状に関する意識と実態調査』(10/2〜4実施)によると、年賀状に直筆コメントを書くことを「意識している」と答えた人は全体の54.1%、「出す相手により意識する」と答えた人が32.9%で、合計で87%、約9割の人が「意識する」という結果となった。

さらに2010年の正月に出す予定の年賀状の平均は60.1通という大きな数字に。職業の内訳で言うと経営者・役員の平均が177.8通と平均値を押し上げてはいるが、会社員でも51.5通、専業主婦でも48.8通、学生は16通となっており、現代社会の人間関係も意外と希薄ではないのかもしれない。

では、逆にどんな年賀状をもらうとうれしいのだろう? これにも約8割が「直筆コメントがあるとうれしい」と回答。その内容は「本人の近況」(64.1%)、「送る相手ごとの話題」(50.2%)、「家族の近況」(27.3%)が上位に挙がっている。また年賀状に入っているとうれしい写真やイラストも1位の「干支」(48%)に次いで「家族の写真」(37.5%)、「自分の写真」(25.6%)が挙げられており、“差出人の近況”がわかる年賀状をもらうとうれしいことが分かる。

ちなみに、「直筆のコメントが書かれているとうれしい」と答えた割合を性別&世代別で見ると、10代、20代、30代の女性が90%を超えており、意外にも“メール世代”が直筆コメントにより喜びを感じるようだ。日常で触れる機会が少ない“ツール”に新鮮さを覚えているのかもしれない。

今回のアンケートでは年賀状に「温かみを感じる」「日本の伝統文化を感じる」「気持ちや想いが伝わる」という声が挙がっている。年賀状の作成から印刷、投函までをウェブ上で行うサービス「ウェブポ」なども話題となっているが、コメントをひと言書くだけでも年賀状の印象は変わる。親しい友人に、家族に、温かな年賀状を送ってみては?【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報