小説家デビューした“ジョニデ兄”の処女作が話題!

ハリウッドの元スタントマンで、現在探偵及びボディガードを生業とする男が主人公の「負け犬の街」
  • ハリウッドの元スタントマンで、現在探偵及びボディガードを生業とする男が主人公の「負け犬の街」

誰もが認めるスーパースター、ジョニー・デップ。常に人気者の彼だが、実は彼の兄も今、ハリウッドで注目を集めているってご存じ? というのも、ジョニーの実兄であるダニエル・デップが小説家として活躍し、その秀でた才能が話題になっているのだという。

書店のオーナー、映画脚本家などマルチな才能の持ち主であるダニエル・デップ。弟ジョニーと共に映画製作会社「スカラマンガ」を設立し、かつてジョニーが主演を務めた『ブレイブ』(97)ではジョニーと共に脚本を執筆。その後、映画界から身を引いていたが、2009年3月に米国で「Loser's Town」を発表し、小説家デビューを果たした。

本作の舞台は、映画の街ハリウッド。表の華やかな世界とは違う、人々の欲望や陰謀が渦巻く裏の世界を描いたクライム・サスペンスだ。わがままな人気俳優の欺瞞や、「やらせ」を良しとするメディアや映画会社、マフィアや麻薬汚染など、ダニエルがハリウッドで経験したことを基に描かれている。米国では、犯罪小説家の巨匠レイモンド・チャンドラーやジェイムズ・エルロイのファンからも支持されており、評判は上々。日本でも「負け犬の街」として、現在発売中だ。

ちなみに、弟のジョニーも年末年始は大活躍なご様子。伝説の犯罪王を演じる『パブリック・エネミーズ』(12月12日公開)、故ヒース・レジャーの代役を務めた『Dr.パルナサスの鏡』(2010年1月23日公開)、そして春には、ちょっと不思議な帽子屋を演じる『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年4月17日公開)が待機中。今冬、ハリウッドの裏側が垣間見られるダニエルの小説を片手に、ジョニーの大作を楽しんでみるのも一興かも!【トライワークス】

■負け犬の街
著:ダニエル・デップ/訳:岡野降也
価格:840円(税込)
発売元:小学館文庫

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報