「メリークリスマス、トーキョー!」ジョニー・デップがレッドカーペットに登場

映画「パブリック・エネミーズ」のジャパンプレミアに出席したジョニー・デップ
  • 映画「パブリック・エネミーズ」のジャパンプレミアに出席したジョニー・デップ

12月12日(土)から公開される映画「パブリック・エネミーズ」のジャパンプレミアが10日、都内で行われ、主演のジョニー・デップが舞台あいさつを行った。

本作は、'30年代前半のアメリカに実在した伝説のアウトロー、ジョン・デリンジャー(デップ)と彼が愛した運命の女性(マリオン・コティヤール)とのスリリングな逃亡劇を描く犯罪ドラマ。

集まった1500人以上のファンに迎えられたデップは「日本に来るたびにファンの温かいサポートを受け、本当に信じられない思いです。あなた方のおかげで、ここにこうして仕事をしに来ることができるので、わたしにとって、あなた方はファンというよりも、私のボスだと思っています」と最敬礼し、ファンを魅了した。

自身の役柄について、デップは「わたしが演じたジョン・デリンジャーは、実在した人物です。実在の人物を演じるということで責任を感じました。また、デリンジャーを徐々に追い詰めていくFBI捜査官パービスを演じたクリスチャン・ベールとの共演では、彼が刑務所に訪ねて来るシーンと、彼に背中を撃たれるシーンが思い出に残っています」と撮影当時を振り返った。

デップのあいさつ終了後、スクリーンにクリスマスツリーに見立てたデップのシルエットが出現。デップは、一足早いクリスマスの雰囲気に、「メリー・クリスマス、トーキョー!」と手をたたいて喜んでいた。

映画「パブリック・エネミーズ」
12月12日(土)よりTOHOシネマズ、スカラ座ほかにて全国ロードショー

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報