「ドラえもん」ファンの間でも語り継がれる名作を放送!

「あの名作が帰ってくる!ドラえもん夏の1時間スペシャル」では名作を次々に放送!
  • 「あの名作が帰ってくる!ドラえもん夏の1時間スペシャル」では名作を次々に放送!

毎週金曜夜7時から放送中の「ドラえもん」(テレビ朝日系)。7月28日(金)の放送で「あの名作が帰ってくる!ドラえもん夏の1時間スペシャル」と題して、有名原作のエピソードを放送することが分かった。

第1弾は、ファンの間でも名作と語り継がれているストーリー「ぞうとおじさん」と、やんちゃでかわいいミニドラの活躍を描く「ぼくミニドラえもん」。

「ぞうとおじさん」は、ドラえもんとのび太がタイムマシンに乗り、戦争中に殺されてしまったという動物園のゾウ“ハナ夫”を助けにいくというストーリー。平和の尊さについて、あらためて考えさせられる作品だ。

「ぼくミニドラえもん」は、のび太の宿題の手伝いよりも自分の予定を優先したいドラえもんが、自分の代わりを“ミニドラえもん”に託す。だが、小さいせいでなかなかうまくいかず、さまざまな騒動が巻き起こってしまう、という物語。

その後は、「天井うらの宇宙戦争」「ロビンソンクルーソーセット」「森は生きている」「おかし牧場」など、人気原作エピソードを次々と放送する予定となっている。

また、同日の放送から、2016年公開の「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」などで監督を務めた八鍬新之介氏が監督に就任。さらに、2015年公開の「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記」で監督を務めた大杉宜弘氏がチーフディレクターとして参加する。

「ドラえもん」の世界観を十二分に理解し、さらなる魅力を引き出す布陣だ。大きな刷新としては、背景が水彩調からポスターカラー調へ変更し、より濃厚な描写となる予定。

八鍬監督、大杉チーフディレクターコメント(2/2)
  • 1
  • 2
「ドラえもん」
毎週金曜夜7:00−7:30
テレビ朝日系で放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報