横浜F・マリノス、木村和司新監督「優勝争いできるチームに!」

就任会見で意気込みを語る木村和司新監督
  • 就任会見で意気込みを語る木村和司新監督

来季より横浜F・マリノスの指揮をとる木村和司新監督の就任会見が14日に行われ、新監督は「強いチーム、最後まで優勝争いできるチームにしていきたい」と意気込みを語った。

木村新監督は、上位争いできるチームにするためには「心技体のレベルを上げていかないといけない。そのためには鍛えるしかない」と発言。「若い、いい選手はたくさんいる。アドバイスしていけば、いいところまでいくのでは」と若手に期待するコメントも。

目指す試合は“見ている人が楽しい試合”。相手ゴール前でのシーンが多く、観客が興奮する試合を理想としている。

木村和司氏といえば、フリーキックの名手。「もう自分では蹴れない」とはいうのもの、その技術は現役選手に伝授していく考えで、練習でのお手本披露は「あるかもね」と話す。

「(監督)未経験のリスクより、勝ちきることの経験値の高さ。そのメリットの方を取った」という嘉悦 朗代表取締役代行をはじめとする期待を受け、横浜F・マリノスを引っ張っていく。(横浜ウォーカー)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報