スーザン・ボイル、15人の少年たちの暴力的いじめの対象に!

少年たちから嫌がらせを受けたというスーザン・ボイル
  • 少年たちから嫌がらせを受けたというスーザン・ボイル

2009年にイギリスのオーディション番組で優勝して世界中で旋風を巻き起こし、同年12月には日本の紅白歌合戦にもゲスト出演を果たした歌手のスーザン・ボイル(56)。その彼女は現在、15人の少年たちから日常的に狙われ、火をつけた紙や石を投げつけられたり、虐待的な言葉を浴びせられたりして、いじめの対象にされているという。彼女の身の安全を確保するため、警察に電話するつもりだとスポークスパーソンが英紙サンデー・ミラーに明かしている。

【写真を見る】自宅前で撮影されたスーザン・ボイル
  • 【写真を見る】自宅前で撮影されたスーザン・ボイル

スーザンは、現在でも生まれ故郷のスコットランド・エディンバラ近郊の町ブラックバーンに住んでいるが、彼女をターゲットにしているのは地元の少年たちだという。「バスに乗っていたら、少年たちが彼女に石を投げ、何かを叫んでいるのが見えました。別の日には、10人から15人ぐらいで彼女を取り囲み、物を投げていました。紙に火をつけて、彼女の顔をめがけて投げていました」「ショッピングセンターに入ろうとしたら、彼女が出てきて、入り口に立っていた少年たちが一斉に罵声を浴びせていました。『眼鏡を買え、不細工なババア。ひどい顔』などと叫んでいました」と目撃者たちが同紙に証言している。

日本の紅白歌合戦にも出場したことがあるスーザン
  • 日本の紅白歌合戦にも出場したことがあるスーザン

この少年たちの被害者はスーザンだけではなく、近所にも危ない目にあわされている人々がいるようだ。「彼らは一番弱い人を狙うんです。一人っきりでなければ彼らは狙ってきません。臆病だからです。狙うのは、高齢者、子ども、メンタルヘルスの問題を抱えた人。本当に最悪です」と近所の人は話している。【UK在住/MIKAKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報