実はカレー粉と好相性! ご飯がもりもり進んじゃうカレー味のさば料理5選

「さばのカレー南蛮漬け」 レタスクラブニュースより
  • 「さばのカレー南蛮漬け」 レタスクラブニュースより

みそ煮や竜田揚げなど和風の味つけでよく食べるさばですが、実は意外とカレー味とも合います。ネットショッピングでは、カレー味の揚げ物やカレー味の干物なども人気のよう。うまみたっぷりのさばを使って、家庭でもおいしいカレー味のさば料理を作りましょう。

【さばのカレー南蛮漬け】(313Kcal、塩分2.1g、15分)

<材料・2人分>

さば(半身) 1枚(約200g)、玉ねぎ 1/4個、ミニトマト 3個、万能ねぎ 3本、漬けだれ(だし汁 60ml、しょうゆ、酢、砂糖 各大さじ2、カレー粉 小さじ1/2)、片栗粉、揚げ油

<作り方>

1. 玉ねぎは縦細切りにし、ミニトマトは縦半分に切る。万能ねぎは3cm長さに切る。ボウルに漬けだれの材料を入れて、玉ねぎ、ミニトマト、万能ねぎを加えて混ぜる。

2. さばは血合いや骨を除き、一口大に切る。ポリ袋に片栗粉大さじ2と1/2、さばを入れ、空気を入れて口をしっかり閉じて袋を振り、さばに粉をまぶす。

3. フライパンに2~3cm深さの揚げ油を中温(約170℃)に熱し、2のさばを入れて約3分カラリと揚げる。油をきって熱いうちに1の漬けだれに漬け、味がしみるまで約10分おく。漬けだれごと器に盛る。すぐ食べられるが、冷蔵庫で冷やして食べてもおいしい。さばは揚げたそばから漬けだれに入れると、味がしみこんでおいしくなる。

甘じょっぱさと酸味のバランスがとれたたれにカレー粉を加えて、いつもとはひと味違う南蛮漬けに仕上がっています。さばのうまみが溶けだしたたれで、野菜もおいしく食べましょう。

【さばのカレー煮】

カレー粉とカレールウのW使いをします。こうばしく焼いたさばの食感を残すため、カレーの煮汁に入れたらさっと煮るだけでOK。

「さばのカレー煮」 レタスクラブニュースより
  • 「さばのカレー煮」 レタスクラブニュースより

【さばのカレー炒め】

ご飯がすすむスパイシーな味わい。さばは味をなじませるため、皮に1本切り目を入れてから2cm幅に切ります。

「さばのカレー炒め」 レタスクラブニュースより
  • 「さばのカレー炒め」 レタスクラブニュースより

【さばのカレーごま揚げ】

しっかり味のころもは、おかずやビールのおつまみにぴったり。好みで青じそを敷いて盛り付けます。

「さばのカレーごま揚げ」 レタスクラブニュースより
  • 「さばのカレーごま揚げ」 レタスクラブニュースより

【さばのカレーソテー】

さばを玉ねぎやしめじと一緒にソテーします。カレー粉とにんにくの香りがきいていて、さばが苦手な人でも食べられるかも。

「さばのカレーソテー」 レタスクラブニュースより
  • 「さばのカレーソテー」 レタスクラブニュースより

さばはとっても傷みやすい魚。1匹まるごと買う場合は目が澄んでいて、エラが明るい紅色のものを選ぶようにしましょう。買ってきたらできればその日のうちに食べきるのが理想。もしどうしても保存したい場合は、下処理をした後すみやかに冷凍庫に入れてくださいね。

詳しいレシピはこちら!
さばのカレー南蛮漬け
さばのカレー煮
さばのカレー炒め
さばのカレーごま揚げ
さばのカレーソテー

ほかにもいろいろ! 「さばのレシピ」をチェック!


キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報