ファンも思わず咆哮する「ゴジラ展」が名古屋に上陸!!

名古屋市瑞穂区にある名古屋市博物館では、2017年7月15日(土)から9月3日(日)まで、「ゴジラ展」が開催される。料金は、一般1300円、高校・大学生900円、小・中学生500円。

映画「ゴジラ」(1954年)のスチール写真
  • 映画「ゴジラ」(1954年)のスチール写真

1954年の映画公開以来、60年以上にわたる人気シリーズとなったゴジラ。日本映画界に「特撮映画」「怪獣映画」というジャンルを確立させたゴジラは、娯楽的な要素だけでなく社会に対するメッセージ性を兼ね備えた作品として、世代を超えて多くの人々の心に刻まれている。

「モスラ対ゴジラ 静之浦の戦い」の造形
  • 「モスラ対ゴジラ 静之浦の戦い」の造形

同展では、怪獣やメカの立体造形、デザイン画、セット画面など約680点を展示し、ゴジラ映画の魅力、映画を作り上げた人々の表現力、そしてゴジラの歩んできた時代を一挙に紹介。なかでも、第1作の撮影に用いられた架空兵器「オキシジェン・デストロイヤー」の実物展示や、映画で使用されたゴジラスーツなど、ゴジラファンなら思わず咆哮してしまう貴重なモノだ。

「ゴジラVSデストロイア」で使用された「ゴジラスーツ」
  • 「ゴジラVSデストロイア」で使用された「ゴジラスーツ」

また、期間中はゴジラ映画の特撮美術を担当した三池敏夫氏による“特撮ワークショップ”が行われるほか、名古屋を舞台にゴジラと戦うシーンをリアルタイム合成で撮影できる特撮体験スタジオや、精巧なミニチュアを使うことで人が巨大化して見える特撮フォトスポットが登場するのもポイント。

多くの人を魅了したゴジラの全貌に迫る貴重な展示会「ゴジラ展」。ファミリーで楽しめるので、夏のお出かけ先にもオススメだ!【東海ウォーカー/達知瑚都海】

■「ゴジラ展」
期間:2017年7月15日(土)~9月3日(日)
会場:名古屋市博物館
住所:愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
時間:9:30~17:00(最終入場は30分前)
料金:入場料 一般1300円、高校・大学生900円、小・中学生500円
休み:毎週月曜・第4火曜 ※8月14日(月)は開館
問い合わせ:052-853-2655

●三池敏夫氏の「特撮ワークショップ ―綿で雲をつくってみよう― 」
開催日:2017年8月12日(土)、24日(木)
会場:名古屋市博物館 講堂
時間:10:30~、13:30~(各回約90分の2部制)
料金:参加費無料 ※イベント観覧券もしくは、観覧済半券が必要
※小中学生限定、小学校4年生以下は要保護者同伴
※人数制限あり

キーワード

このニュースで紹介されたスポット

[PR] おすすめ情報