新作は“ビヨンセVSサーシャ・フィアス”!? ビヨンセ新作タイトルの謎

“時代レス”を意識し、モノクロのジャケット
  • “時代レス”を意識し、モノクロのジャケット

11/12(水)に日本先行で待望のニューアルバムをリリースするビヨンセ。世界が注目する同アルバムのタイトルや詳細が遂に明らかにされた。今作はなんとビヨンセ史上初の2枚組。各DISCにボーナストラックを含む9曲、計18曲が収録された今作のタイトルは「I AM... SASHA FIERCE」に決定! 

気になる中身なのだが、どうやら2枚で2つの人格を見事に表現しているようだ。絶対洋楽「着うた(R)」の週間チャート1位に輝いている「If I Were A Boy」が収録されているDISC-1は“I AM”サイドで、彼女自身=ビヨンセ・ノウルズに焦点をあてた作品となっており、アコースティック調でクラシックな雰囲気の楽曲が並んでいるという。

一方のDISC-2 は、彼女の別人格ともいえる“SASHA FIERCE(サーシャ・フィアース)”サイドとなっており、クラブ向けのアッパーな楽曲がちりばめられているとのこと。つまり“SASHA FIERCE/”とは、ビヨンセのステージ上のキャラクターなのだ。この人格は数年前よりビヨンセの中で存在していたらしく、ステージに立つとまったく別人のようになってしまう自分の呼び名なのだとか。

アルバムの中身もますます気になるところだが、外観にも彼女ならではのメッセージが込められている。今回のアルバムは“時代レス”を意識しているそうで、ジャケット写真やアーティスト写真、PVをモノクロに統一。その理由は、カラーのようにいつか色褪せてしまうものではなく、永遠に色褪せない作品を作りたかったからだという。一瞬の流行りものではなく、永遠に愛されるスタンダードな作品を目指した今作。世界を魅了し続けるビヨンセのすべてが明らかにされることは間違いなさそうだ。

なお、10月末のプロモーション来日時には先日ニューアルバムをリリースしたばかりの実妹、ソランジュも同行するそうなので、こちらも心待ちにしたいところだ。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報