女王様からメイドまで…中川杏奈が魅せる究極の“ツンデレ”

グラビアを中心にバラエティーでも活躍するアイドル・中川杏奈(22)
  • グラビアを中心にバラエティーでも活躍するアイドル・中川杏奈(22)

「ルドイア☆星惑三第」(日本テレビ)でマスクアイドルの天王星ららとして一躍人気を集め、以降、グラビア活動を中心に、お笑いユニット「W∞アンナ」としてバラエティーでも活躍するアイドル・中川杏奈(22)が、イメージDVD「ツンツンでれでれ」を12月18日(金)にリリースする。

同作は、ことし10月に沖縄で撮影された中川の7枚目となるDVD。タイトルのとおり「ツン」と「デレ」、中川の両極端な“Sキャラ”“Mキャラ”が同時に楽しめる作品となっている。劇中では、ツンデレ設定でのセリフのシーンも数多く取り入れられ、ツンデレな気分をより一層盛り上げる。

そんな世界観を表現するため、衣装もキャラ設定に合わせて多数のパターンが展開される。巻き髪ツインテールにニーハイソックスを合わせた王道メイド風コスプレや、ロリっぽい花柄ビキニで視聴者の“Sっ気”をそそり、エナメルビスチェにチェーンの組み合わせという女王様チックなボンデージで視聴者の“M心”を突っつく。衣装に合わせキャラを演じ分ける中川の演技も秀逸で、おびえたような上目遣いから、相手を見下すような強いまなざしなど、コロコロ変化する表情が見ものだ。

いろいろなタイプの彼女が楽しめる同作だが、中川自身のお気に入りは特に「メイド服のシーン」だとか。「あまりメイド服は着たことがなかったのですが、スタッフさんにも“似合う”と言ってもらえてうれしかったです」と満足げに語り、「スカートが短くて中がチラチラ見えるのがセクシーだと思いますよ」とアピールした。確かに、フリルのミニスカからのぞく色白なヒップは絶妙なチラリズムで興奮度が高い。

SとMの両面を表現、セリフのシーンも果敢に取り組んだ同作の出来栄えについて、中川は「70点」と自己採点。意外にも厳しい評価の理由を尋ねると「イメージDVDのせりふはいつも以上にカタコトになるので、もうちょっと普通に言えるようになりたい」と反省の弁。一方で、これまでの作品に比べて成長した点は、「おなかが出ないように気をつけたところ(笑)。もうちょっとボン、キュッ、ポンになりたいです」と笑顔を見せた。

DVD発売後の2010年1月10日(日)には、12:00から東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館8Fにて、DVD発売記念イベントを開催。イベントではトーク、握手会のほか、撮影タイムも行う予定。DVDで見せたSとMの顔、果たして素顔の彼女はどっちなのか? ぜひイベント会場に足を運んで確かめてみて!【東京ウォーカー】

DVD「ツンツンでれでれ」
12月18日(金)発売 3990円(税込)
イーネットフロンティア

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報