アイドリング6号・外岡えりか、初主演映画でワイルドな女子高生に!

映画「あばしり一家 THE MOVIE」で初主演を務めた外岡えりか
  • 映画「あばしり一家 THE MOVIE」で初主演を務めた外岡えりか

アイドルグループ・アイドリング!!!のアイドリング6号・外岡えりかが初出演で初主演を務めた映画「あばしり一家 THE MOVIE」のDVDが発売。それを記念して13日、都内で握手会が行われた。

本作は「デビルマン」「マジンガーZ」など、人気作品で知られる漫画家・永井豪氏の漫画を映画化。舞台は近未来、無法地帯である日本国番外地に閉じ込められた菊の助(外岡)らあばしり一家と、菊の助が通う番外地立パラダイス学園を支配する生首団十郎(佐藤二朗)らの戦いを描く。普段は笑顔の外岡が一転し、映画ではワイルドな女子高生として活躍する。

映画出演について外岡は「初めての主演映画なのでうれしかったんですけど、分からないことばっかりで最初は不安でした。でも周りのスタッフさんたちが皆さん面白い人ばかりだったので、撮影現場はすごく楽しかったです」と感想を語った。

また、本作でアクションシーンを披露した外岡は「もともと体を動かすのが好きなので、やっていて苦ではなかったです。でも、言葉を男の子っぽくしないといけないんですけど、言いなれない部分がありました」と苦労も口に。さらに、ことし1年を、「映画にも出演させてもらって、個人としてやれることが増えたので、すごい充実した年だったと思います」と振り返り、来年については、「ドラマやミュージカルにも挑戦したいです。あと、モデルさんが出るような雑誌にも出てみたい」と抱負を語った。

DVD「あばしり一家 THE MOVIE」
発売中 3990円(税込)ティーエムシー

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報