ダンスチーム・s**t kingz(シットキングス)が、自分たちの好きなダンスを貫く理由

【写真を見る】2017年10月に結成10周年を迎えるs**t kingz。11月には東京・大阪で自身初のビルボード単独公演を開催
  • 【写真を見る】2017年10月に結成10周年を迎えるs**t kingz。11月には東京・大阪で自身初のビルボード単独公演を開催

三浦大知、BoAなどのバックダンサー、V6、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2、SHINee、EXOといったアーティストの楽曲の振り付けを数多く手掛ける一方、単独公演や世界各国でワークショップを行うなど、ワールドワイドに活躍しているダンスチーム・s**t kingz(シットキングス)。今回はメンバーのshoji、kazuki、NOPPO、Oguriにインタビューを行ない、10代の頃のダンスとの向き合い方、コレオグラファーという職業についてのスタンスなどを聞いた。

写真左から、shoji、NOPPO、kazuki、Oguri
  • 写真左から、shoji、NOPPO、kazuki、Oguri

──世界のダンスシーンで活躍しているs**t kingz のみなさんは、10代の頃、どんなふうにダンスと向き合っていましたか?

NOPPO ダンスを始めたのは小学校4年の時なんですけど、最初は妹がやっていて、僕はときどき見学していたんです。シャイな性格だったから「歌とかダンスとかはちょっと…」という感じで(笑)。でも、やってみたら年上のお兄さん、お姉さんが褒めてくれるし、「俺、イケんじゃね?」と思ってしまって(笑)。

kazuki 自分たちが10代の頃はダンスをやってる人が少なかったから、ちょっと踊れると「すげぇ!」って言われていて。チヤホヤされるのは大事だよね。

NOPPO コメントがチャラい(笑)。

shoji (笑)。僕は大学に入ってからなんですよね。子供の頃にテレビでDA PUMPさんや安室奈美恵さんが踊っているのを見て「カッコ良いな」と思ってたんですけど、なかなか踏み出せなくて。ダンスのサークルに入ってからは、毎日のように近くの駅のガラスの前で踊ってました。僕は運動神経も悪いし、リズム感が良いわけでもなくて。基礎的なことをひたすらやってたんですけど、少しずつ出来るようになるのが嬉しかったんですよね。

Oguri ダンスには小さい頃から興味があったんですけど、ダンサーってちょっと世界が違うというか、「ガラが悪そうだな」って思ってたんです(笑)。でも、近所のダンススタジオに見学に行ったら「自分がやりたいのはコレだ!」って。

──10代の頃から「ダンスを職業にしようと」と思っていました?

kazuki ダンスを続けたいとは思っていましたけど、どうすれば職業にできるのか、どれくらい稼げるのかなんてまったくわかってなかったですね。無謀ですよね、いま考えてみると。ダンサーって資格があるわけでもないし、「バックダンサーやってください」「振り付けしてください」って声がかかるかどうかもわからないので。

shoji 俺は大学を卒業した後、一度、就職してるんですよ。kazukiとNOPPOは早い時期からダンスで生活してたけど、s**t kingzを結成した時は会社員だったから。Oguriはまだ大学生だったし。

Oguri はい。その時は、そこまで先のことは考えてなかった気がしますね。

shoji  s**t kingzも最初からハッキリしたビジョンがあったわけではないんです。kazukiが「一緒に踊ってみようよ」と声をかけてくれて、それが楽しかったから続いたっていう感じなので。

kazuki 最初は「チームにはしない」「コンテストには出ない」って言ってたんですよ。その頃(2007年)はコンテストのために練習するのに嫌気が差してたんですよね。受験みたいだなと思ったし、ちょっとダンスが楽しくなくなっていて。だから4人で踊り始めた時は、とにかく自分たちがやりたいことをやりたくて。

s**t kingz(シットキングス)
  • s**t kingz(シットキングス)

──2010年にアメリカのダンスコンテスト“BODY ROCK”に出演して、優勝。これをきっかけにして一気に注目を集めました。

kazuki s**t kingzを始めてから3年くらい経ってたし、「コンテストに出ない」って言ってたことも忘れてたんでしょうね(笑)。shojiに“BODY ROCK”の映像を見せてもらって「カッコ良い!」と思ったことも4人で踊り始めたきっかけだったし、思い入れもあったので。

shoji ただ「コンテストで勝つためのダンスをやるのはやめよう」という話はしてたんですよ。あくまでも自分たちがカッコ良いと思うショーをやって、それがウケるかどうかだねって。

kazuki うん。ストーリーのあるショーに興味があったから、それをしっかり練習してコンテストに臨んだので。

──あくまでも自分たちが好きなダンスを貫いたわけですね。

shoji そうですね。コンテストに勝つことだけがモチベーションになるのはどうなのかなって。いまは審査員としてジャッジする立場ですけど、「コンテストに勝つためにはどうすればいいですか?」と聞かれたりすると、「本当に好きなことをやっているのかな」と感じることもありますね。

──みなさんはコレオグラファーとしても活躍されています。K-POPからジャニーズまで幅広いアーティストに振り付けしていますが、コレオグラファーとして大切にしていることは何ですか?

Oguri いろいろありますけど、アーティストのみなさんは歌いながら踊るのが前提なので、音の取り方が歌とまったく違ったりするとどうしても踊りづらいんですよね。なので「カッコ良く見えるけど、じつはそんなに難しくない」みたいな工夫も必要なんです。振り付けを始めたばかりの時は「よっしゃ、ヤバいダンスを作ってやる!」って意気込んでたんですけど、「君たちがいつもやってるショーとは違うから」って言われたりして。

NOPPO 振り付けの仕事のなかで、気づくこともたくさんありますね。「レベル的にはシンプルな振り付けだけど、こうすればカッコ良く見えるな」とか。それを自分たちのショーに取り入れることもあるんですよ。

kazuki 区別はないんですよね。振り付けの現場はいろんなスタッフがいるから仕事っぽい感じもあるんだけど、やることはショーを作るときと同じだから。

Oguri 最初の頃はトガってたから「俺たちが日本のダンスを変えてやる!」くらいに思ってましたけどね(笑)。

shoji そうだね(笑)。当時は、振り付けの依頼を受ける時に「一般の人は、ダンスの細かい部分なんて分からないから、分かりやすければいいよ」って言われる事もあったんですよ。「自分がダンスをやってなかった高校生の頃だって、そのダンスがダサいかカッコ良いかは分かってたぞ!」って思ってたけど(笑)、その頃はダンスの重要度がそこまで高くなかったんでしょうね。その後、K-POPのブームなどもあって、歌って踊るすごい人たちがどんどん出て来て。いまはみなさんがダンスを重要視しているし、状況は大きく変わりましたね。

(撮影 / キセキミチコ_KISEKI inck 取材・文 / 森朋之)

PROFILE

2007年10月結成。shoji、kazuki、NOPPO、Oguriの4人によるダンスチーム。国内外を問わず、数多くのアーティストの振り付けやバックダンスなど、著名なアーティストと競演するとともに、10カ国を廻るヨーロッパツアーをはじめ、アメリカ、アジア、オセアニアなど、世界各地でワークショップやパフォーマンスを行っている。

LIVE INFORMATION

10th anniversary show in Billboard Live

2017.11.16(木)、17(金)Billboard Live TOKYO

2017.11.21(火)、22(木)Billboard Live OSAKA

s**t kingz結成10周年を記念して、自身初のビルボード単独公演を開催。10年間の集大成とこれから更にパワーアップするs**t kingzの始まりを記念する内容を予定(※全曲・生バンドでのステージを予定)。

【s**t kingz 10th anniversary show 告知映像】


【関連リンク先】
HP:http://shitkingz.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/stkgz_official/
Twitter:https://twitter.com/stkgz_official
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCV5eVZQBdEGVoNCfmo6nveg

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報