窪田正孝、石田スイから自身モデルのイラストもらい「ヤバい!」再現度に驚愕

石田スイの描き下ろしイラストが美しすぎる!
  • 石田スイの描き下ろしイラストが美しすぎる!

石田スイ原作の人気コミックを実写映画化した『東京喰種 トーキョーグール』(7月29日公開)のジャパンプレミアが7月10日に丸の内ピカデリーで開催され、窪田正孝、鈴木伸之、桜田ひより、蒼井優、大泉洋、小笠原海、白石隼也、相田翔子、柳俊太郎、前野朋哉、萩原健太郎監督が登壇。原作者の石田から、自身をモデルとしたイラストをプレゼントされた窪田が「ヤバい!すごい!」とその美しさと“激似ぶり”に目を丸くして驚いた。

人の姿をしながら、人を喰らう怪人“喰種”が潜む東京を舞台に、ある事件をきっかけに半喰種となってしまった青年・金木(窪田)の苦悩や、人間と喰種の激突を描く本作。イラストは、窪田をモデルに金木を描いたもの。

登壇者にはサプライズとして行われたプレゼントに、ステージ上は大歓喜。窪田は「ちょっと待って!すごい!」、大泉も「めっちゃかっこいい」と驚愕。窪田は「僕、ホクロだらけなんですけど、ホクロもちゃんと定位置に描いてくださっていて。鼻の上とか」と丁寧に描かれていることに感激しきりで、「先生、お忙しいのにありがたい。心からお礼を言わせていただきたい」と心からの感謝を述べた。

大泉も「以前、石田先生が(大泉が演じた)真戸呉緒のイラストも描いてくださった。撮影中にくれた」と自身をモデルとしたイラストをもらっているそうで、「先生は僕の顔を『水曜どうでしょう』を見て描いたらしい。すごいマヌケな顔をしている。見せたいわ、俺の真戸呉緒」とぼやいて、会場の笑いを誘っていた。

先日、アメリカ・ロサンゼルスで行われた本作のワールドプレミアにも参加した窪田。金木のコスプレをしたファンもたくさん駆けつけていたそうで、「熱がすごかった。この作品の大きさ、重さを肌で感じた」と世界で愛されていることを実感したといい、「自分にとって本当に大きなチャンス。すごくいい体験をさせてもらった」としみじみ。「最高のエンタテインメント作品が完成した」と胸を張っていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報