「相葉くん、爆発的に頭悪いよ〜」嵐、オリコン授賞式で爆笑会見

12/18、「第42回 オリコン年間ランキング2009」の発表記者会見に、アイドルグループの嵐(相葉雅紀さん、松本潤さん、二宮和也さん、大野智さん、櫻井翔さん)が登場。「大活躍だった2009年を漢字一文字で表すと?」という質問に、「嵐!」と自信満々に答えた相葉雅紀さんに、二宮さんがすかさず「爆発的に頭悪いですね、今日。びっくりしますよ」とツッコむなど、嵐らしい笑いの絶えない会見となった。

嵐が、シングル、アルバム、ミュージックDVDの3部門で1位を獲得。シングル、アルバム、ミュージックDVD、ミュージックBlu-ray Discの総売上金額も、144億6000万円と断トツのトップで、史上初の“CD、DVD4冠”に輝いた同ランキング。

今年デビュー10周年というメモリアルイヤーに華を添えるように、“4つのトロフィー”と賞状を受け取った5人は、「メンバー全員が受け取れる数のトロフィーがいただけるなんて、信じられないです」(櫻井)、「1年やってきたことがこうやって評価されてうれしいです。年末に向けてのパワーをもらった感じがします」(松本)、「去年も受賞したんですが、いまだ去年のことも実感がなくて(笑)。まるで夢のようです」(大野)など、それぞれが感無量の喜びをコメント。

二宮さんは、「嵐は、ジャンプアップではなくステップアップしていくグループだと思います。一歩、一歩、これからも嵐らしく進んでいきたい」と話し、メンバー全員も同感の表情。ところが、相葉さんだけは「(来年も)3歩進んで2歩進む…??? 進みますよ!」と、相変わらずの天然っぷりを発揮。メンバーからは「一歩ずつ行こうって言ったばっかじゃん!」「進んで、進んでって、どこ行きたいんだよ!」と、厳しいツッコミが入り、この辺りから会見というよりはいつもの“嵐ステージ”に。

「今年を漢字で表すと?」聞かれた相葉さんは、かぶりぎみで自信満々に「嵐!」と一言。これには、横にいた二宮さんも「嵐って何だよ! もう、爆発的に頭悪いですね、今日。びっくりですよ」とあきれ顔。いつの間にか報道陣も巻き込まれ、大爆笑のまま会見は終わるかと思いきや、もう1人“天然”を発揮した男が…。

その男とは、もちろんリーダー・大野智。「(最後に)じゃあ、ファンに向けてメッセージを」と聞かれた大野さんは、「ジャパン?」と会場が一瞬ポカンとなる一言を。どうやら「じゃあ、ファンに〜」を聞き間違えたようだが、会場中のツッコミにめげることもなく、「ジャパンのみんな、ありがとう〜!」と声高々に叫び、予定時間より大幅に延長した会見は爆笑のまま終了となった。

「Believe/ 曇りのち、快晴」(65.7万枚)、「明日の記憶/ Crazy Moon〜キミ・ハ・ムテキ〜」(62.1万枚)、「マイガール」(51.3万枚)と、年間シングルTOP3の独占は、1978年のピンク・レディー、1988年の光GENJI以来、21年ぶり(史上3組目)で、2年連続での1位、2位を独占、TOP5内4作同時ランクインはともに嵐が史上初。

音楽チャートだけでなく、ドラマ、バラエティ、映画、報道番組と、多方面で目覚しい活躍を見せた2009年の嵐。No.1の輝きを見せる5人から、来年も目が離せなくなりそうだ。 【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報