森下悠里も大絶賛!鼻ピアスに全身タトゥーの強烈ヒロイン登場

「ヒロインがかわいい!」と語る、グラビアアイドル森下悠里
  • 「ヒロインがかわいい!」と語る、グラビアアイドル森下悠里

「ダ・ヴィンチ・コード」を超えるミステリーの最高傑作と絶賛され、2100万部突破の売り上げを誇るベストセラー小説を映画化した『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』が、2010年1月16日(土)より公開される。原作小説の話題性で公開前より注目されている本作だが、実はもう1点、見逃せないポイントがある。それが鼻ピアスに全身タトゥーという強面なルックスが印象的なヒロイン、リスベットの活躍ぶりだ。

物語は、とある孤島で40年前に起こった少女失踪事件の解明を頼まれたジャーナリストが、捜査を進める過程で事件の裏に隠された真実に迫っていくといったもの。そんな中、リスベットは“捜査に協力する天才ハッカー”という役どころで登場し、見た目のインパクトや、数々の謎を解き明かしていく聡明ぶりから、主人公顔負けの存在感を発揮している。

また、先日行われた、原作小説の3大ミステリー大賞受賞を記念したお祝いイベントには、グラビアアイドルの森下悠里が登場。男顔負けの活躍を見せるリスベットの印象について聞いてみたところ「リスベットは私と同い年の24歳で、とても魅力的な女性です。これまでの映画のヒロインって女の子っぽいキャラが多かったけど、彼女はタトゥーや鼻ピアスといったパンク・ファッションがすごく特徴的。それなのに身長は150センチとすごく小柄なところが、うまい具合にギャップになってますね。女の私から見ても“ちょっといいな”と思っちゃいました!」と独自の観点から、ヒロインの魅力について語ってくれた。

ちなみにトークの後には、森下のGカップの胸元に施されたドラゴン・タトゥーのお披露目会もスタート! 本家リスベットを超える程のインパクトとセクシーさに、取材陣の目もくぎ付けになったことは言うまでもない。【トライワークス】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報