ミュージシャン・吉川晃司が“40代半ばの変身”に歓喜!

劇中で「“おやっさん”と呼ばれることに少し戸惑った」という吉川晃司(写真前列左から4人目)らが出席した公開初日舞台あいさつ
  • 劇中で「“おやっさん”と呼ばれることに少し戸惑った」という吉川晃司(写真前列左から4人目)らが出席した公開初日舞台あいさつ

映画「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」が12日に初日を迎え、同日、出演者の吉川晃司、桐山漣、菅田将暉、山本ひかる、井上正大、戸谷公人、村井良大、森カンナ、広瀬アリス、及川奈央と田崎竜太監督が都内で舞台あいさつを行った。

本作は、今夏に放送終了したテレビシリーズ「仮面ライダーディケイド」と現在放送中の「仮面ライダーW」(共にテレビ朝日系)がタッグを組んだ話題作。3部構成で、全ライダーを敵に回して戦い続けたディケイドのラストが描かれる「仮面ライダーディケイド 完結編」、仮面ライダーW誕生の秘密に迫る「仮面ライダーW ビギンズナイト」、平成の仮面ライダーたちが参戦しスーパーショッカーと大バトルを繰り広げる「MOVIE 大戦2010」を上映する。

仮面ライダースカルになった感想を聞かれた吉川は「40代半ばで変身させてもらえるなんて思ってなかったです」と大満足の様子。「スカルを見た時に“黄金バット”とか、“人造人間ハカイダー”を思い出しました。ヒーローなのかヒールなのか分からない雰囲気を出せればいいのかなと思いながら撮影に挑みました」と往年のヒーローの名前に会場の“お父さん世代”から拍手が。また、仮面ライダーW役の桐山ら若い俳優陣に囲まれ、「田崎監督と年が変わらないから、ここに立ってるのがちょっと申し訳ないですね」と苦笑。劇中で“おやっさん”と呼ばれることに少し戸惑ったことを明かした。

桐山は「この映画はたくさんの人の流した汗や、スタッフの陰の力に支えられて完成することができました。今日は皆さん楽しんでいってください」とPR。

田崎監督は「若い俳優さんたちが汗や涙や鼻水を垂らしながらバトンをつないできた10年。それが今の平成ライダーだと思います。吉川さんなど先輩たちの胸を借りて10年間頑張ってきました。そういう思いを込めて作った映画です。この映画を見てくださる皆さんへのクリスマスプレゼントやお年玉になればと思います」と作品に込めた思いを語った。

映画「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」
全国東映系にて公開中

キーワード

[PR] おすすめ情報