玉山鉄二&佐々木希が野島伸司作品でセックス依存症に苦しむ!?

Huluオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」に出演する玉山鉄二と佐々木希
  • Huluオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」に出演する玉山鉄二と佐々木希

2017年秋にHuluで玉山鉄二、佐々木希らが出演する最新オリジナル連続ドラマ「雨が降ると君は優しい」が配信されることが分かった。

本ドラマは、玉山が主演を務め、脚本家・野島伸司が「いま本当に描きたいドラマ」として描く“悲劇的純愛”作品。

「性嗜好障害」(通称:セックス依存症)を題材に、心から愛し合う新婚夫婦の妻が不特定多数の男と体の関係を持ってしまう“心の病”だと知ったとき、「夫は妻を、それでも愛しぬくことができるのか」を問い掛ける。

主人公・立木信夫を演じる玉山は、「薔薇のない花屋」(2008年、フジテレビ系)以来、野島作品への挑戦は2度目で、今回演じるのは、いちずに愛する妻がセックス依存症だと知り、計り知れない苦悩にさいなまれていく夫。

玉山は「野島さんの作品には、子供の頃からたくさんの影響を受けてきました。しかし以前、野島さんが手掛けられた作品に出演したとき、すごく悔しい思いをしました。そんなこともあり、今回のお話をいただいた時は、二つ返事で飛びつきました」とオファー時の思いを明かす。

また、玉山は「このドラマは昔のフランス映画のように、“見る人によって感じ方が違う愛の表現”を織り込んだ作品。僕が間違った方向に捉えていたらどうしよう…と、クランクインするまでは毎日が恐怖でした。今は何よりも“信夫として抱く感情”を大事にしながら撮影に臨んでいます。役者としての居心地はすごくいいです!」と撮影の状況を語った。

そして、信夫の妻・立木彩を演じる佐々木は、心の底から夫を愛しながらも、不特定多数の男に抱かれずにはいられないセックス依存症の新妻という役どころに挑戦。

この難役を、佐々木は「私が演じる彩は性嗜好障害を患っていますが、夫のノブちゃんを心の底から愛している女性。自分ではどうしようもない分、ものすごい罪悪感にさいなまれ、自分自身を嫌いになる瞬間もあるからこそ、ノブちゃんの前では“いい妻”であろうとします。私にはそんな彩が純粋ではかない女性に思えて、いとおしくなりました」と分析。

続けて、「だからこそ彩を演じていると、日々つらい気持ちになります。その一方で、このような女性を演じるのは初めてなので『すごい挑戦だな』とやりがいを感じますし、女優として新しい扉が開けている気もしています」(佐々木)と複雑な思いがある様子。

それでも「すごく優しい玉山さんに引っ張っていただいているおかげもあって、自分でも『こんな感情になるんだ!』という新発見がたくさんあります。特に、症状が出たときや、カウンセリングを受けているときの彩は感情が定まらないので、演じ方がすごく難しいですが、彩は精神力も体力も必要となる役どころなので、最後まで集中力を切らさず、思いっきり楽しみたいと思います」と意気込みを見せた。

今作に当たり、3年もの歳月を要したという野島は「夫婦のラブストーリーを描こうと思いましたが、昨今はやりの浮気や不倫のドラマは私には興味がありません。“妻のセックス依存に対する罪悪感”“夫の理解しようとする葛藤”という、心と身体の二律背反を描くことで、夫婦の愛の絆を試す極限状態の磁場を敷きました。

私の中にいる作家は、極限状態に置かれた人間の本質を描きたがります。その極限状態自体が、地上波ドラマではコンプライアンス云々と言われてしまう時代に、Huluが『ここなら描いていいよ』と言ってくれて、とても感謝しています。ソフトとして、最高峰のものを視聴者に捧げたいです」とコメントを寄せた。

「雨が降ると君は優しい」(全8話)
2017年秋 huluで配信スタート予定

脚本=野島伸司
演出=大塚恭司、岩﨑マリエ
エグゼクティブプロデューサー=長澤一史、毛利忍
企画・プロデュース=松原浩
プロデューサー=西原宗実、岩崎広樹、大森美孝
出演=玉山鉄二、佐々木希ほか

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報