店舗数約130!横浜の新名所「TOCみなとみらい」が3/19オープン

2010年3月19日(金)にオープンする横浜みなとみらい21地区に開発予定の大型複合施設「TOCみなとみらい」
  • 2010年3月19日(金)にオープンする横浜みなとみらい21地区に開発予定の大型複合施設「TOCみなとみらい」

横浜みなとみらい21地区に開発予定の大型複合施設「TOCみなとみらい」が2010年3月19日(金)にオープンする。延床面積10万5871平方メートルで、横浜の観光スポット「山下公園」の面積の1.5倍にあたる広さだ。また、施設内のショッピングタウンの名称が「コレットマーレ(ColetteMare)」に決まった。

「TOCみなとみらい」は、JR桜木町駅の目の前、横浜ランドマークタワーなど観光地が並ぶみなとみらい21地区に誕生する大型複合施設。敷地面積1万840平方メートルにたつ地下1〜地上19階の建物は、ショッピングタウン、シネマコンプレックス、ホテル、フィットネスクラブ、オフィスフロアなどから成る。

同施設の核となる地下1〜7階のショッピングタウン「コレットマーレ」には、30代男女をメインターゲットにしたショップやレストランなど約130店舗の出店を予定。まだコレットマーレ側からは店舗の詳細は明かされていないが、イギリス発のファッションブランド「TOPSHOP/TOPMAN」がラフォーレ原宿店に続く日本第2号店のオープンすると発表しており、注目を集めている。観光やデートにと、人々が集うみなとみらい地区に、新たなランドマークが誕生する。

ほか、6〜9階は13のスクリーンを持つシネマコンプレックス「横浜ブルク13」、7・8階には横浜エリア最大級の面積を誇るフィットネスクラブ「MM Begien(エムエムビギン)」(4月3日オープン)、10〜19階には客室数240室の「ニューオータニイン横浜」となり、10〜17階がオフィスフロアとなる。

2010年の横浜の目玉となるこの施設。どんな店がオープンするのか、今後の情報に注目だ。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報