チャン・ツィイー、“優柔不断男”に憤慨しドアを蹴っ飛ばす!?

チャン・ツィイーが主演と初プロデュースを務めた『ソフィーの復讐』で、韓国俳優のソ・ジソブと共演
  • チャン・ツィイーが主演と初プロデュースを務めた『ソフィーの復讐』で、韓国俳優のソ・ジソブと共演

チャン・ツィイーが主演と初プロデュースを務め、韓国俳優ソ・ジソブと共演した『ソフィーの復讐』(1月9日公開)は、とびきりおちゃめなラブコメディーだ。ツィイー扮する漫画家のソフィーは、ジソブ扮するイケメン外科医の婚約者ジェフに失恋し、リベンジを敢行! そんなソフィーとジェフの恋愛について、来日したふたりに聞いてみた。

ジェフがソフィーをフッたのは、彼が手術を担当した映画女優のジョアンナと恋に落ちてしまったからだ。彼女は心変わりしたジェフをどう見たのか。「もし、私のボーイフレンドがジェフみたいな優柔不断な男だったら、ドアを蹴っ飛ばして追い出すわよ(笑)」。おお、なんとも威勢のいいコメント!

では、演じたジソブは優柔不断なジェフについてどう思ったのか。「僕は役柄に共感できないと演技ができないから、もちろん共感できた。男性は人生において一度、結婚という大事な決断をしますよね。まあ、最近は何回か結婚する人もいるけど(笑)。そんな大事な決断をする直前に気持ちが揺れるのは分からないでもないですが。それにジェフは浮気者に見えるけど、決してそうじゃない気がする」。

ツィイーはさらに自身の恋愛観についても語ってくれた。「私とソフィーの恋愛観は、部分的に似ているわ。私自身もそんなに簡単にあきらめないタイプなの」。実際にソフィーは、ジェフを取り戻そうと悪戦苦闘するが、そこにも共感できたと言う。

「若い男女って一緒にいると、最初は好きだからいいところばかりが見えるけど、一定の期間が過ぎると、相手の欠点ばかりが見えるようになるの。これはおそらく万国共通の恋人同士がもっている悩みね。日本でも『隣の芝生は青く見える』って言うでしょ。でも、他の男性が現れたら、今の彼のいいところをより多く発見してみることって大切よ。そう簡単に今の彼をあきらめないほうがいいと思っているわ」。

ツィイーもジソブも、かなりソフィーたちを冷静に見ていたようだ。とはいえ、ソフィーがジェフに繰り広げる破天荒な“リベンジ”は相当激しくて、思わず爆笑してしまう。ふたりともおちゃめな新しい一面を見せてくれるので、くるくる変わる表情も見逃さないで。【MovieWalker/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報