Xmas当日、彼氏と部屋にいると元カレから荷物が…。どう切り抜ける?

「持って帰ってください!」と言われても…
  • 「持って帰ってください!」と言われても…

2009年のクリスマスもいよいよ間近に控え、いろいろプランを練って&練られている人も多いはず。でもちょっと待って、思わぬアクシデントが起こるのがデートというもの。でも“大人”なら、いかなる状況もスマートに切り抜けたいですね。

例えば、クリスマス当日、彼と部屋で楽しく過ごしているところへ、クリスマスプレゼントらしき荷物が到着。なんと送り主は、とっくに別れた元カレ。どう取り扱う?

これはとんでもない災難です。この場面では、目の前の彼はもちろん、そんな恐い行動に出た元カレも意識した上での対処が必要。

「『迷惑だなあ』と小さくつぶやき、ごみ箱に直行させる」は目の前の彼に身の潔白をアピールすることはできますが、元カレ対策という点では不十分。

「その場で開けて見せ、やましいことはないとアピールする」はあまりにも危険。もし過去の思い出が切々と綴られた手紙でも出てきたら、目も当てられないでしょう。

ここは、「宅配便の人を呼んで、そのまま中身を見ずに送り返す」という方法で、目の前の彼を安心させつつ、元カレに今の自分の気持ちをキッパリと伝えましょう。

クリスマスには、あらゆる場面に思わぬ落とし穴が潜んでいます。“大人力”を駆使して、危険を早めに察知したり、被害を最小限に抑えたりしましょう。プレゼントを置く場所にたとえるなら、誰かに気づかれる危険が少ない“玄関口のポスト”に入れるのがベスト。あくまでも“暖炉の側のくつした”に入れようとするのは、大人としていささか無謀です。

先入観やこだわりを捨てれば、事態を解決する妙案が浮かんでくるはず。あえて危険を冒して“子どもの枕もと”に置こうとすると、泣きを見ることになるでしょう。【監修:石原壮一郎/東京ウォーカー】

詳細はWalkerplus「Xmas特集」「大人のクリスマス力検定」

キーワード

[PR] おすすめ情報