シャアの“2009年キングオブ名言”発表! 1位はガンダム史上に残る、あのセリフ

携帯サイト「シャア名言アズナブログ」の2009年の年間ランキング1位に輝いたのは「認めたくないものだな。自分自身の若さゆえの過ちというものを」
  • 携帯サイト「シャア名言アズナブログ」の2009年の年間ランキング1位に輝いたのは「認めたくないものだな。自分自身の若さゆえの過ちというものを」

今年の4月からサービスを開始した、シャア・アズナブルの“名セリフ”を毎日配信する携帯サイト「シャア名言アズナブログ」。毎月、ユーザーから投票を受け付け、その月の“キングオブ名言”も発表することでも話題となったサイトだが、12/24、ついに“年間キング・オブ・キングス名言”が発表された。

見事、2009年の年間ランキング1位に輝いたのは…、「認めたくないものだな。自分自身の若さゆえの過ちというものを」。

テレビシリーズ第1話「ガンダム大地に立つ」で、偵察に出したザクをガンダムに倒されたことを受け、出撃を命じたシャアがつぶやいたセリフで、シャアのイメージを決定付けた名セリフとしても有名。4月の“キングオブ名言”にも選ばれた同セリフだが、今回の投票では約30%の支持を集め、堂々の1位に。ファンでなくとも一度は聞いたことのあるだろう名言が1位に輝く結果となった。

「認めたく〜」は、男女別に見ても共にトップ! 男性では約29%、女性ではなんと約37%という高支持率をマークしているのだ。年代別に見ても、上は60歳、下は9歳までほとんどの層で1位になり、同セリフの印象強さを裏付ける結果となった。

回答者のコメントを見ても、「やっぱりシャアといえば、これしかないでしょう!」(30代男性)、「失敗したとき、いつも思い浮かべる“大人のセリフ”。…って言ってもまだ大学生なんですが」(20代男性)、「このセリフでひと目ぼれしました(笑)。引用しやすいのもいいです」(10代女性)と、老若男女問わず、多くの人の心に残っていることが伺える。

ちなみに、2位以下のランキングは、「坊やだからさ…」(約26%)、「まだだ!まだ終わらんよ!!」(約25%)、「見えるぞ…私にも、敵が見える!」(約7%)、「生きている間に、生きている人間のすることがある。それをおこなうことが死んだ者への手向けだ」(約5%)と、思わずシーンが目に浮かぶ名セリフが並び、“シャアの魅力”がひと目でわかるランキング結果となった。

「シャア名言アズナブログ」だけでなく、お台場の実物大ガンダムなど、年間を通して盛り上がった、ガンダム誕生30周年の2009年。あなただったら、どの名言を選ぶ? 【東京ウォーカー】

※「シャア名言アズナブログ king of kings 名言 最終決戦」…2009年の4月から11月の月間キングオブ名言に輝いた計8名言の中から、サイト内で投票を受け付け、年間No.1を決定。アクセス方法は、3キャリア共通で、http://wpp.jp/30th/まで。今までの名言を振り返る「King of kings名言Flash待受」も無料配信中

キーワード

[PR] おすすめ情報