今度もムズキュン!新垣結衣&瑛太主演『ミックス。』の主題歌を、注目のバンドSHISHAMOが担当

オトナのラブコメに期待のバンドが参戦!
  • オトナのラブコメに期待のバンドが参戦!

「リーガルハイ」シリーズを手掛けた、脚本・古沢良太、監督・石川淳一のコンビが、新垣結衣と瑛太を主演に迎え、卓球をテーマにした、オトナのロマンティックコメディに挑戦する『ミックス。』(10月21日公開)。この度、3ピースロックバンド・SHISHAMOが、主題歌と挿入歌に起用された事が解禁となった。

SHISHAMOが映画に主題歌&挿入歌を書き下ろすのは初で、主題歌である「ほら、笑ってる」は、新垣演じる主人公・多満子の気持ちに寄り添うように描いたバラードに、挿入歌「サボテン」は、アップテンポで疾走感あふれる楽曲に仕上がっている。

新垣は楽曲に対し「がむしゃらで一生懸命で熱い青春のようだったり、辛い過去を乗り越えて大きくしっかりと前に踏み出したような穏やかな力強さだったり、多満子達のストーリーをより素敵にストレートに伝えてくれる2曲です。本編を観て、エンディングで『ほら、笑ってる』が流れた時は胸がキュンと熱くなりました。SHISHAMOさんの演奏と歌声が私達のとても近くで寄り添ってくれるようでした」とコメント。

一方、萩原久を演じた瑛太は「(楽曲の中で)歌われているのは、躓いても前を向く女性の姿で、映画『ミックス。』もまた、そんな登場人物たちを描いた物語です。是非、SHISHAMOさんの音楽と共に、何度躓いても立ち上がって前を向く、ガッキーと僕を劇場に観に来て下さい!」とコメントした。

試写会で主題歌と挿入歌が入った作品を観たSHISHAMOのメンバーは「思ったより、恥ずかしかったですね。この曲が映画館で、座っているなかでみんな聴くんだと思ったら嬉しい気持ちもあるんですけど、とてもドキドキする気持ちになりました」と感動をあらわにした。

『ミックス。』には、他にも広末涼子、瀬戸康史、蒼井優、鈴木福、真木よう子、生瀬勝久、遠藤憲一、小日向文世らの豪華キャストが参加しており、卓球の世界を舞台にどんなドラマが展開されるのか、注目したい。【MovieWalker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報