高杉真宙、実は元クラスメートの横浜流星とドライブへ!「リラックスできました」

8月5日(土)に放送される「極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~」(BS朝日)に、映画やドラマに引っ張りだこの若手俳優・高杉真宙と横浜流星が出演。横浜の運転で、千葉までドライブする。そして実は2人が高校時代のクラスメートだったということが明らかになる。

8月5日(土)放送の「極上空間」で共演する高杉真宙、横浜流星(写真右から)
  • 8月5日(土)放送の「極上空間」で共演する高杉真宙、横浜流星(写真右から)

同番組は“クルマだから行けるところ、クルマだから話せること”をテーマに、クルマによってもたらされる「大切なもの」をあらためて啓蒙する番組。毎回“クルマ”という空間を舞台にゲストがトークを展開し、プライベートな瞬間を垣間見ることができる。

今回は、千葉で“神秘の滝”などを訪れ、ランチには絶品卵かけご飯を食べたり、マザー牧場で“バンジージャンプ”に初挑戦したりと、“男旅”を満喫する2人。

昨年上演された舞台「闇狩人」でも共演した2人は、高校時代のクラスメート。お互いの第一印象は「俺には心許してくれないかなって思ってた」(横浜)、「関わることはないと思っていた」(高杉)と、決して好印象とは言えなかったよう。

【写真を見る】実はクラスメートだったという2人、1年ぶりの再会に思わずキラキラの笑顔に
  • 【写真を見る】実はクラスメートだったという2人、1年ぶりの再会に思わずキラキラの笑顔に

しかし、その後「高校2年の時に、俺が『仮面ライダー鎧武/ガイム』をやっていて、流星が戦隊オーディション(後に『烈車戦隊トッキュウジャー』出演)を受けていろいろ聞いてきた」事がきっかけで親しくなったとんだそう。

その他、高杉が「小学6年でスカウトされた時、女の子と間違えられていた」という芸能界入りのきっかけ話や、「後になってこうやっておけば良かったといつも思う」「いつ『私は俳優です』って堂々と言えるようになるかな」など“役者”という仕事についても、それぞれの思いを赤裸々に明かした。

高杉といえば弊社の取材でも「昔は、地方で撮影があっても、漫画喫茶ばかり行っていました(笑)」と語るほど、漫画が“大好物”。それだけに「休日は漫画を読んでいる。漫画は宝物」という高杉と、「俺は温泉、キックボクシング」という横浜の、対照的な2人によるプライベートトークにも、期待は高まる。

高杉真宙&横浜流星が撮影秘話を語る!(2/2)
  • 1
  • 2
「極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~」
毎週土曜夜10:59-11:30
BS朝日で放送
※高杉真宙、横浜流星がゲストの回は8月5日(土)に放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報