まっ赤なザリガニに舌鼓!イケアレストランで「ザリガニフェスティバル」開催

スウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー・イケアの日本法人イケア・ジャパンは、全国のイケアレストランにて8月3日(木)から8月20日(日)の期間限定で、ザリガニフェスティバルを開催する。

【写真を見る】様々なザリガニ料理を楽しめる「ザリガニフェスティバル」!
  • 【写真を見る】様々なザリガニ料理を楽しめる「ザリガニフェスティバル」!

スウェーデンの夏の風物詩といえば、ザリガニ。19 世紀初頭、スウェーデンの湖には多くのザリガニが生息していた。珍味として評判の高かったザリガニは、当時ヨーロッパの高級レストランで人気を呼び、大量に捕獲・輸出された。しかし、乱獲によってザリガニが絶滅の危機に瀕すると、ザリガニ漁は8月と9 月の2ヶ月間のみに限定されるようになった。現在でも、スウェーデンではザリガニ漁が解禁となる 8 月になるとザリガニパーティーが開かれる。屋外にセットしたテーブルに茹であがったザリガニや料理を並べ、太陽が落ちてあたりが暗くなり、キャンドルと紙提灯に火が灯ると、パーティーの始まりだ。

イケアレストランでは、スウェーデンでザリガニ漁が始まるこの時期にあわせて、真っ赤に茹で上がったザリガニを主役にしたメニューが用意されている。

メニューには、スパイシーなケイジャンスタイル、ディルで優しく味付けた シンプルスタイル、または魚介の旨みがつまったパエリアなどがあり、持ち帰り用のザリガニも用意されているので、様々な形でザリガニを楽しめる。

【写真を見る】様々なザリガニ料理を楽しめる「ザリガニフェスティバル」!
  • 【写真を見る】様々なザリガニ料理を楽しめる「ザリガニフェスティバル」!

スウェーデンの伝統である期間限定のザリガニ料理を、家族や友人とイケアレストランでじっくり味わってみてはいかがだろうか。 【ウォーカープラス編集部/坂尾康成】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報