あの「幼虫チョコレート」も!ナンジャタウンで「チョコレート博覧会」開催

世界からインパクトチョコが勢ぞろい!
  • 世界からインパクトチョコが勢ぞろい!

ナムコ・ナンジャタウン(東京都豊島区)では、約200種類のチョコレート・チョコレートスイーツが食べ比べできるデザートイベント「チョコレート博覧会」を11/15(土)〜09年3/15(日)まで開催する。

小松屋本店(本社=秋田県横手市)の「カブトムシ幼虫チョコレート」をはじめ、新作の「黄アゲハホワイトチョコレート」や「あおむしゴロゴロ」など、味も見た目もインパクトあるチョコがそろう。「カブトムシ幼虫チョコレート」と聞いて、「オヤ?」と思った人はなかなかのツワモノ。これらは以前本誌でも紹介した“キモおいしい”チョコ。昨年出品した際、大好評だったので、ことしは新作を引き連れて登場するらしい。

もちろん、イベントのメインは“キモかわ”チョコだけではない。こちらも昨年好評だったチョコの噴水「チョコレートファウンテン」が、噴水の森「チョコレートファウンテンフォレスト」にバージョンアップ。赤(イチゴ)・青(ミント)・緑(抹茶)など7種のカラフルなチョコの噴水にイチゴやマシュマロをつけて食べることができる。そのほか、横浜夢本舗の「ザッハトルテ」やタルト工房の「生チョコプリンタルト」など、ナンジャタウン内にある「東京デザート共和国」からも人気デザートが登場するなど、絶品スイーツ尽くしだ。

クリスマスから来年のバレンタイン・ホワイトデーまで続く同イベント。義理にはもちろん本命にも、インパクト大チョコは効果抜群かも!?

入場は大人300円(中学生以上)、子供200円(4歳以上、小学生以下)。10:00〜22:00。【東京ウォーカー/荒木紳輔】

キーワード

[PR] おすすめ情報