グルメ

持って帰れば株が上がる!東京駅の人気みやげベスト5

東京ウォーカー 2009年12月27日 9時50分 配信

すべての写真を見る(9件)
クリスマスも終わり、そろそろ帰省準備にも取り掛かりたいこの時期。どうせなら、手みやげは、東京ならではのプレミア感のあるものを持って帰りたいところ。そこで、今回は東京駅ナカで買える、人気の定番みやげ5つをピックアップ! これを押さえれば、地元で株が上がること請け合いだ!

■雪のようにとろけるチーズケーキ「カゴ盛り 白らら」(1050円)

東京駅構内1階の「銘品館」内にある「銀のぶどう」で買えるのが、口の中に入れた途端とろけてしまうフワフワのチーズケーキ「カゴ盛り 白らら(しらら)」だ。一見「ざる豆腐?」と思ってしまうが、実はチーズケーキ。自然に水切りした酸味ほんのりのフレッシュチーズは絶品中の絶品だ。

■行列の絶えない“かりんとう” 「かりんとう」(1100円・3袋)

東京駅グランスタにある、行列ができるかりんとう専門店として有名な「日本橋錦豊琳」のかりんとうは、年配にも喜ばれる一品。トウガラシがピリリと効いた「きんぴらごぼう」をはじめ、12種類のユニークな和素材フレーバーが楽しめる。好みの3種をセットでどうぞ!

■高級チョコとビスケットのコラボ「マルコリーニビスキュイ」(2310円・4個)

高級チョコをビスケットでサンドしたこのスイーツは、本場ベルギーのショコラティエがプロデュース。ほんのり香るジンジャーとしっとりした食感もポイントだ。東京駅グランスタ内の「ピエールマルコリーニ」でゲットしよう。

■コロンバンの東京駅限定新ブランドより「苺のガナッシュショコラ」(1050円・8個)

「一期一会」「特急こだま号151系」にちなんで生まれた、コロンバンの東京駅限定新ブランド「151 et colombin(いちごいちえコロンバン)」は銘品館の中に。一番人気の苺ショコラは、イチゴジャム、バニラクリーム、ホワイトチョコが合わさった絶品スイーツだ。

■駅ナカ限定ショップのロールケーキ「フルーツロール」(1260円)

ボリュームたっぷりのスイーツが評判なのは、駅ナカ限定ショップの「BUZZSEARCH(バズサーチ)」。まだまだ根強いロールケーキ人気に乗っかって、同店のフルーツがたっぷり入ったロールケーキをお持ち帰りしてみては?

ほかにも、2010年1/5(火)までの販売となる「Fairycake Fair(フェアリーケーキフェア)」(東京駅グランスタ)の「のし付POLKA&パウンドセット(マロン)」(2200円)など、この時期しか手に入らない限定スイーツがいっぱい! この年末年始は、駅ナカでサッと買って地元の注目を独り占めしちゃおう! 【詳細は、12/21発売号の東京ウォーカーに掲載】

おすすめ情報