足立梨花が南の島で見せた大人の表情!「17歳の抱負は有言実行」

16歳から17歳になる期間にフィリピン・ボラカイ島で撮影された写真集を発売した足立梨花
  • 16歳から17歳になる期間にフィリピン・ボラカイ島で撮影された写真集を発売した足立梨花

「第32回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞した足立梨花が、写真集「16→17 ボラカイ島に行ってきましたっ!」を発売。それを記念して23日、都内で握手会を行った。

本作は、16歳から17歳になる期間にフィリピン・ボラカイ島で撮影。16歳らしい元気な笑顔や、17歳の少し大人になった表情などの水着姿が満載の作品になっている。

アイドルの撮影ではあまり使われないボラカイ島での撮影に、「空と海が青くて、すごくきれいで、自然もたくさんあっていい場所だなって思いました。食べ物も、マンゴーやパパイヤとかおいしい物ばっかり!」と大満足だった様子。

16歳から17歳の変化については、「格好良く見せるのを照れずにできるようになりました。最初の写真集に比べても表情も大人っぽくなった感じがします」と自分なりの成長を語った。また、17歳になり、「有言実行をしたいと思っています。来年('10年)はドラマでも映画でも舞台でも、何か1つ自分が主演になるものをやります。あと、今年('09年)は友達と海に行けなかったので、来年は海に行きたいです。これも有言実行します(笑)」と抱負を語った。

イベントにはトナカイの角を付けて登場した足立。「アイドルらしいサンタクロースの格好ではなく、逆を突いてトナカイにしてみました。事務所は最初ソリにしたかったらしいです(笑)」と笑顔で話した。

写真集「16→17 ボラカイ島に行ってきましたっ!」
発売中 3150円(税込) 学研パブリッシング

キーワード

[PR] おすすめ情報