フェンスの向こうで知る驚愕の真実とは?『ダイバージェントFINAL』キャラクター予告・トリス編、先行解禁!

人類が派閥別に管理された世界で、自由と希望をつかむ戦いに臨む者たちを描いた『ダイバージェントFINAL』(8月19日公開)。同作より主人公トリス(シャイリーン・ウッドリー)にフィーチャーした予告映像が解禁され、彼女が挑む最後の戦いの一端が明かされた。

異端者=ダイバージェントとして過酷な運命に立ち向かってきたトリス
  • 異端者=ダイバージェントとして過酷な運命に立ち向かってきたトリス

本作は作家ベロニカ・ロスのベストセラー小説を映画化したSFシリーズの完結編。舞台は近未来のシカゴ。人類は内に秘める5つの資質別の派閥に分類・管理されていた。しかし、すべての能力を秘める“異端者(ダイバージェント)”トリスの登場と、大規模クーデターによりその社会体制は終焉を迎える。

人類のリセットを企てる者たちを相手に、トリスは仲間たちと共に戦いを繰り広げる
  • 人類のリセットを企てる者たちを相手に、トリスは仲間たちと共に戦いを繰り広げる

だが、新たな勢力を率いるイブリン(ナオミ・ワッツ)がフェンスで人類を隔離しシカゴを支配。混迷する状況の下、トリスはフェンスの向こうに希望を見出し仲間たちと未知なる外界へ脱出、そこで彼女はダイバージェントに関する驚愕の真実と、人類の記憶を消去し世界の“リセット”を企む組織の恐ろしい陰謀を知ってしまう。

【写真を見る】フェンスの外へ脱出したトリスは、自身の出生にまつわる重大な秘密を知る
  • 【写真を見る】フェンスの外へ脱出したトリスは、自身の出生にまつわる重大な秘密を知る

今回のキャラクター予告・トリス編では、過酷な運命を受け入れ、次々と立ちはだかる障害を乗り越え、少女から強い女性へ成長していくトリスの姿が、緊迫のシーンの数々と共に映し出される。

『ファミリー・ツリー』(11)や『きっと、星のせいじゃない。』(14)のシャイリーン・ウッドリーが第1作から演じ続け、シリーズを重ねるごとに魅力が増していくトリス。前作を凌駕する圧倒的スケールで描かれる完結編で、最強のダイバージェントとしてパワーアップした彼女の勇姿に目がくぎ付けになるはず!【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報