女子も入りやすい!東海のおしゃれな絶品ラーメンカフェ3選

ラーメン店とは思えないような、おしゃれな空間が魅力のラーメンカフェ。最近は、おしゃれな空間だけではなく、ラーメンへのこだわりも強い店も増えている。無添加・無化調の鶏白湯ラーメン、野菜たっぷりのヘルシー麺など、思考を凝らした一杯が食べられるラーメンカフェを紹介!

ぜんコク麺コク

「ぜんコク麺コク」の鶏白湯らぁ麺(750円)
  • 「ぜんコク麺コク」の鶏白湯らぁ麺(750円)
【写真を見る】ウッド調のあたたかい雰囲気が魅力の「ぜんコク麺コク」
  • 【写真を見る】ウッド調のあたたかい雰囲気が魅力の「ぜんコク麺コク」

女性を意識した配慮が満載の「ぜんコク麺コク」。ウッド調のあたたかい雰囲気が魅力のカフェのような店内では、無添加、無化調にこだわったラーメンが味わえる。看板メニューの鶏白湯らぁ麺(750円・写真)は、とろみのある白湯スープに麺がしっかりと絡み合う一杯。ベビーキャロットやチンゲンサイなど、色鮮やかな野菜のトッピングも魅力だ。

ラーメン食堂&ラーメンカフェ カドワラ

「カドワラ」のなんこつ麺(780円)
  • 「カドワラ」のなんこつ麺(780円)
女子会やファミリー層もくつろげるリラックス空間の「カドワラ」
  • 女子会やファミリー層もくつろげるリラックス空間の「カドワラ」

麺やラー油、ゴマダレなど、すべて自家製にこだわった「カドワラ」。トロトロに煮込んだ豚ナンコツと、味の染み込んだ大根がのるなんこつ麺(780円・写真)は、あっさりとして食べやすい一杯だ。日当たりのいいナチュラルな雰囲気の店内にはカウンターもあり、女性の一人客も多い。

坂のうえ

「坂のうえ」の坂のうえラーメン(745円)
  • 「坂のうえ」の坂のうえラーメン(745円)
おとぎ話の世界に飛び込んだような、アンティーク調のインテリアがそろう「坂のうえ」
  • おとぎ話の世界に飛び込んだような、アンティーク調のインテリアがそろう「坂のうえ」

おとぎ話に出てきそうな外観や内観が特徴の「坂のうえ」は、自然に囲まれながら食事ができるカフェとして人気の店だ。店内にはレトロなテーブルや椅子のほか、年代物のアンティークカップが多数並び、雰囲気抜群。坂のうえラーメン(745円・写真)は、玉子焼きと麩のトッピングが特徴で、オーナーの母親が50年以上前に食堂で出していた味を再現。ほかにも、一番人気の坂のうえランチ(1080円)やてこね寿司(1080円)など、多彩なメニューがそろう。【東海ウォーカー/吉川明里】

■ぜんコク麺コク
住所:名古屋市中川区富田町千音寺南屋敷2772
電話:052-432-0515
営業時間:11:30~14:00、18:00~21:00(LO20:45)
休み:火曜、月曜の夜

■ラーメン食堂&ラーメンカフェ カドワラ
住所:愛知県豊橋市礼木町39
電話:0532-56-2332
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00
休み:日曜

■坂のうえ
住所:三重県志摩市浜島町桧山路31
電話:090-5113-8877
営業時間:11:00~15:30(LO15:00)
休み:月曜

●東海ウォーカー連動WEBラーメン連載もチェック!
新店や限定麺などイチオシの一杯を紹介!「東海ラーメンの星」 
ラーメン×グラビアの新ジャンル!?「SKE48のラーメンふぅふぅ女子♥」

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報