'09年シングル総売上ソロNo.1は遊助!「音楽を作っている時が一番リラックスする」

「オリコン年間ランキング2009」でソロアーティストとして売上げ金額、枚数ともに1位を獲得した遊助(上地雄輔)
  • 「オリコン年間ランキング2009」でソロアーティストとして売上げ金額、枚数ともに1位を獲得した遊助(上地雄輔)

羞恥心の活動休止後のことし3月に、アーティスト名「遊助」でソロデビューを果たした上地雄輔が、'09年の「オリコン年間ランキング2009」のソロアーティスト部門において、「アーティスト別シングルトータル売上金額」「アーティスト別シングルトータル売上枚数」共に1位を獲得。そのお礼として22日、東京のオリコン本社を訪れ、トロフィーと表彰状の授与が行われた。

上地は、ひまわりの花を持ったオリコン社員の人たちに迎えられ、「送別会みたい(笑)」と照れながらオフィスに登場。売上枚数などのデータは「メジャーリーガーみたい(笑)」とピンとこないようだが、「最近は携帯やパソコンで音楽を聴いて、CDを聴く機会が少なくなっているのに、僕のCDを手に取ってくださってうれしい」と喜びをコメント。また、ことし一番印象に残ったことを聞かれて、「地元・横須賀で1万人くらいのお客さんとライブができて、ファンの方と触れ合えたこと」を挙げた。

1stシングル「ひまわり」をはじめ、自ら作詞を手掛けている上地。「音楽を作っている時が一番リラックスします。設定や物語を作っていくのが楽しい。架空の人を動かして物語を書いていて、胸が痛くなるときがありますね」と、忙しい中でも曲作りや、音楽を通してファンと交流できることが大きな喜びになっていることを語った。そして、来年も役者業やバラエティー番組出演と並行して、音楽活動を続けていくことを宣言し、「これ以上の成績を残せるか分かりませんが、今年の自分より来年の自分の方が胸を張れるような結果を残せるように頑張りたい」と抱負で締めくくった。

キーワード

[PR] おすすめ情報