役者生命の危機!? N・ケイジ、今度は不動産で33億円の訴訟

窮地に立たされるニコラス
  • 窮地に立たされるニコラス

財政難に陥ったあげく元会計担当者から逆訴訟、そして元妻から訴訟されているニコラス・ケイジが、今度は不動産会社から、3670万ドル(約33億5千万円)の損害賠償を求める裁判を起こされたと、ピープル誌が報じている。

同不動産会社の訴えでは、「財政難の結果、ローンとして組まれていた500万ドル(約4億6千万円)の不払いの損害を被ったほか、ケイジ本人、元会計担当者そして不動産ブローカーと結託し、彼の630万ドル(約5億8千万円)の税金未払いなどの財政が貧窮であることを明かさず、騙して物件を購入した」そう。「ケイジの家やヨット、自家用ジェット、アンティーク、特注車、宝石、毛皮などほとんどの財産を担保にすることが可能だが、資産そのものが相当誇張されて申請されていた」ため、それらだけでは足りないようで、同不動産の利子やダメージなどで、最低でも33億5千万円の損害を被ったそうだ。

それに対してケイジの弁護士は、虚偽の申告として訴えを退ける構えだが、これだけいろいろな問題が出てくると、結婚5年目でまだ25歳の妻との関係や、役者生命にも大きな影響が出てくるのではないかと心配されている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報