年賀状の投函状況は?郵便事業社奮闘するもほぼ横ばい

あの人に喜んでもらえるかな?と、顔を浮かべながら年賀状を書いて投函…そんな気持ちが大切なのでは? 早めに投函しよう!
  • あの人に喜んでもらえるかな?と、顔を浮かべながら年賀状を書いて投函…そんな気持ちが大切なのでは? 早めに投函しよう!

2009年も残り4日となったが、年賀状はもう投函しただろうか? 郵便事業社が発表している12月26日までの年賀葉書引き受け状況によると年賀状の投函数は昨年比をわずかながらも下回る、ほぼ横ばいの状況だ。

12月26日までの引き受け状況は、平成21年度は12億3400万通で、昨年同日比の96.7%で、ほぼ横ばい。しかし、平成20年度の同日は12億7600万通、平成19年度は13億1200万通だったことを考えると、年々減少していることが分かる。

これについて郵便事業社広報部は「一概には言えないが、曜日の並びが原因のひとつである可能性はある」という。確かに、元日配達分の締め切り日である12月25日の直前に休日が3連休だった平成19年度は、高い数字を示している。社会人にとっては休日に年賀状を書き、翌日に投函するというのが、当たり前だが一般的なのだ。

郵便事業社は今年、東京・六本木ヒルズの巨大ポストで自らの投函シーンをQRコードで送るイベントを11日間実施。利用者数は約1000人という当初の見込みを大幅に上回り、約2400人(1万1000通)と大健闘。また、年賀状の作成から印刷、投函までをウェブ上で行うサービス「ウェブポ」との連携を始めるなど、年賀状の販促に務めてきた。にもかかわらず、12月25日までに投函する人はなかなか増加しないようだ。

一方で元旦配達物数においては、平成20年は20億3600万通、平成21年は20億8900万通と、年々上昇しており、今年も駆け込み投函で一気に増える可能性もある。

年賀状は、日ごろお世話になっている人に向けての心を込めた新年のごあいさつ。まだの人は早めの投函をしよう。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報