43歳のケイト・モス、ヘリでトップレス&恍惚顔は痛すぎる?

痛いと酷評されているケイト
  • 痛いと酷評されているケイト

14歳からモデルをはじめ、かつては一世を風靡したケイト・モス(43)が、広告の撮影のため、毛皮を羽織っただけのトップレスにジーンズ姿で、かの有名なアマルフィ海岸の上をヘリコプターで飛行。開いたドアからブーツを履いた片脚を外に投げ出し、恍惚の表情を浮かべるケイトに、痛すぎるという声が挙がっている。

これはプライベートなものではなく広告の撮影。ミラー紙などには、口を半開きにして目を閉じているケイトや垂れた胸がボカシなしで掲載されており、セクシーショットとして紹介しているが、ネットユーザーたちの感じ方は違う様子。

「トップレスでヘリの上で恍惚顔って何の意味があるの?」「垂れた胸をさらさない方がいい」「43歳のおばさんが、今もスーパーモデル気取り?」「もうニーズはないと思うけど」「結局脱がないと仕事がないの?」「狂っている」といった厳しい声が挙がっており、セクシーと思うのは、ごく少数派のようだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報