帰省土産は限定モノで!羽田空港で買える“極ウマスイーツ”

「羽田ロール」(1500円)(左)、バウムクーヘン専門店「和のねんりん家 和菓子の芽」の「お抹茶」(990円)(右)は羽田空港ならではの手みやげだ
  • 「羽田ロール」(1500円)(左)、バウムクーヘン専門店「和のねんりん家 和菓子の芽」の「お抹茶」(990円)(右)は羽田空港ならではの手みやげだ

帰省の時こそ、「おっ!」と思ってもらえる手土産を買いたいもの。とはいえ、年末の忙しさでいつもおざなりになってしまう…、なんて人も多いはず。そこでオススメなのが羽田空港。羽田空港には、ここでしか買えない限定スイーツも多いのだ。

例えば、羽田第2旅客ターミナルにある「ARINCO」は、卵黄を使わないもっちり生地とふんわり生クリームで、新風を吹き込んだ有名店。中でもオススメなのは、2010年1/31(日)まで販売している羽田空港限定の「羽田ロール」(1500円)だ。サワークリームとオレンジピールが入ったさわやかな味わいが特徴で、見た目も真っ白な冬模様、誰にでもウケること間違いなしのロールケーキなのだ。

また、外はさっくり、中はしっとりしたバウムクーヘンが人気の専門店「和のねんりん家 和菓子の芽」も見逃せない。羽田空港、東京駅限定の「お抹茶」(990円・小)は、クリーミーな生地に抹茶の風味が程よいスイーツ。第1・第2旅客ターミナルにあるので、土壇場でさっと買えるのも魅力の一つだ。

ほかにも、「なめらかプリン」で知られる「パステル」の「カスタードプリンロール」(1500円)や、「東京カンパネラ」の代名詞ともいえるクッキー「東京カンパネラ」(1050円・10枚)など、定番の人気スイーツもいっぱい。今年の帰省は、空港内で買える極ウマスイーツでキメてみては? 【詳細は、12/21発売号の東京ウォーカーに掲載】

キーワード

[PR] おすすめ情報