映画

ダニエル・クレイグとレイチェル・ワイズ、離婚まで秒読み!?

MovieWalker 2017年8月9日 22時56分 配信

すべての写真を見る(5件)
今年に入って破局説が伝えられていた、ダニエル・クレイグ(49)とレイチェル・ワイズ(47)の、離婚発表の時期が迫っているようだ。

今年2月にナショナル・エンクワイラー紙が「2人は昨年から別居状態で、既に関係は冷え切っている」と報じたが「7月12日の時点で、2人が公の場所に一緒に姿を現さなくなってから554日が経過したため、破局の記事を出します」と2人の広報に通知したところ、なんと翌日に2人がニューヨークで一緒にいるところがパパラッチされた。

「これは単なる偶然だとは思えませんね。あまりにもタイミングが良すぎますから。一方で、もし破局していないのであれば、わざわざこんなことをする必要はないはずです。アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの時もそうでしたが、タイミングを見計らっている場合に、戦略的にメディアの前に一緒に姿を現すことは多々あります。今は、言いたくない理由があるのでしょう」

「2人の破局は、キャリアを望むレイチェルと、2人の子供が欲しいダニエルの意見の相違が発端だと言われています。2人が少しでも多くの時間を一緒に時間を過ごしたいのであれば、ダニエルが007シリーズのジェームズ・ボンド役を断って、家庭を優先しなくてはなりません」

「そのため、ダニエルは次回作でボンド役を続投することに消極的でしたが、どうやらシリーズ第25弾『Bond 25(仮題)』だけでなく、もう一作に出演することでプロデューサーと合意に至ったようだと噂されています。レイチェルに気を遣う必要がなくなれば、高額なギャラで、しかも人気が定着したボンド役を捨てる理由はありません。ボンド続投の正式発表までは破局を暗黙の了解にしたくないのでしょう」と関係者がナショナル・エンクワイラー紙に語っている。

2人は『ドリームハウス』(11)での共演がきっかけで交際を始め、2011年に結婚。ブロードウェイの舞台で夫婦役を演じ、おしどり夫婦として知られていた。またレイチェルがいつまでも若くて美しいのは、夫婦愛の賜物ではないかとも言われていたが、現実は違ったようだ。【NY在住/JUNKO】

おすすめ情報