映画

若手声優界のトップランナー・宮野真守のプチトラウマとは!?

ザテレビジョン 2017年8月13日 8時00分 配信

岩井俊二監督が生んだ名作ドラマ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を原作にしたアニメーション映画が8月18日(金)より公開される。「もう一度、時間を戻せたら…」をテーマに、多感な中学生たちが経験する“繰り返される夏の一日”を描いたラブストーリーだ。

映画公開を記念したリレー連載第4回は、菅田将暉が演じる典道の幼なじみで恋敵の祐介を、若手声優界のトップランナーである宮野真守のインタビューの後編。宮野自身の夏休みの思い出や、“忘れられない一日”を聞いた。

すべての写真を見る(4件)

2人のシーンは、ずっと見ていたいくらい心地よい

――(取材時点では)まだ映画は完成していませんが、制作途中のラッシュ(未完成本編映像)はご覧になったんですよね。

つい最近見ました。収録はほぼプレスコ方式(=絵を作る前に声を録る手法)だったので、まだ絵がなかったんです。今回初めて色や背景が付いた映像として観たのですが、感動しました。なずなと典道という主役2人の空気感がとても心地いいんですよ。いつまででもこの2人を観ていたいと思いますし、少年と少女の瑞々しさが丁寧に表現されていて、すごくピュアな気持ちになれるんです。こんな映画があるんだと、心が洗われるような気持ちで見ていました。

――宮野さんが演じた祐介についてはいかがでしたか?

なずなや典道と同じく、祐介もしっかりとあの世界観の中で息づいていました。宮野もちゃんと中学生になれて良かったとホッとすると共に(笑)、とても愛おしく感じました。

子供時代の自転車の遠乗りがプチトラウマ

――本作はある夏の一日が繰り返される物語ですが、宮野さんにとって忘れられない夏の一日はありますか?

そこまで劇的なことではないんですけど、小学生時代に仲間たちと釣りに行ったことが忘れられません。

――とても楽しかった思い出なんですね?

いや、それが逆なんです。僕は埼玉の出身で適度に田舎だったので、自転車でちょっと行ってバッタを捕まえたり、当時は割とアクティブに遊んでいたんです。でもある時、かなり遠くの川までブラックバスを釣りにいこうという話になったんです。でもこれが想像以上に遠くて。当時の僕は体力がなかったので、みんなに大きく離されてしまい、全然楽しくなくて、道中で心が折れました(笑)。

――無事に辿り着いたんですか?

何とか着きましたよ。でもそこからがまた地獄だったんですよね。

実は当時僕はそこまで釣りに興味がなくて、仲間たちが本格的な釣り竿やリール、ルアーなどを揃えるなか、僕だけ子供騙しの玩具みたいな装備で挑んだんです。ふにゃふにゃのワームを近くの浅瀬にポチャっと投げ込んでいるだけで、今考えるとこんなんで釣れるわけないんですよね(笑)。

――それはつまらなかったでしょうね。

その時の経験はちょっとしたトラウマですね(笑)、なので今でもレジャーには、人に連れられていくことはあっても、じゃあ自分でテントやバーベキューセットを買うかと言われれば、「いえ、けっこうです」となってしまう(笑)。今のところ完全なインドア派のままですね。

なずながとってもセクシーに描かれている

――ちなみにですが、もし人生をやり直せたとして、芸能人にならないとしたらどんな職業に就いていたと思いますか?

僕は7歳から劇団に入っているので、芸能界以外の職業は考えたことがないですね。上手くいかない時代もありましたけど、それでも自分はこの世界でやっていくんだと強く思い込んでいました。もう刷り込みのようなものですね。

――サッカー部時代にプロになりたいと思ったことなどは?

ないですね。みんなと楽しく部活ができることがうれしかったし、そもそも僕はずっとベンチを温めていましたから(笑)。そんな大それたことは考えたこともないです。

――そうなんですね。では映画の話に戻りますが、映像的な見どころはどんなところだと感じましたか?

アニメーションならではの魅力に溢れた作品になっていますファンタジーな表現やCGを使った演出など、どれも凄く力が入っていて、度肝を抜かれる映像の連続でした。あともうひとつ、なずながとってもにセクシーに描かれていて驚きました。そちらもぜひ楽しみにして頂ければと思います。

――では最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。

中学1年生の、ほのかな恋の芽生えが描かれています。大人のラブストーリーとは違うもどかしさだったり甘酸っぱさ、ピュアで純粋な気持ちがいっぱいに詰まった作品だと思います。随所に見られるアニメらしいファンタジー描写を楽しみながら、思う存分キュンキュンしてくださいね。

■WEB限定・宮野真守サイン入り生写真を1名様にプレゼント!(パスワード「uchiagehanabi」)
【応募はこちらをクリック】

みやの・まもる=1983年6月8日生まれ、埼玉県出身。B型。声優として活躍するほか、ミュージカル「王家の紋章」ではイズミル役で出演。また、約2年ぶりとなる6枚目のアルバム「THE LOVE」が発売中

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
8月18日(金)公開
原作=岩井俊二/脚本=大根仁/総監督=新房昭之/声の出演=広瀬すず、菅田将暉、宮野真守、松たか子ほか
「公式サイトへ」

◆「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」特集ページはこちら↓↓◆

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

8月18日(金) 公開

岩井俊二による人気テレビドラマを、『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之が総監督を、『モテキ』の大根仁が脚本を担当し、新たにアニメ映画化した青春ファンタ...

おすすめ情報