古沢良太脚本で描く哲学人形劇で本田翼&ガッツ石松が声優に挑戦

古沢良太脚本、美術をtupera tuperaが担当する哲学人形劇
  • 古沢良太脚本、美術をtupera tuperaが担当する哲学人形劇

8月14日(月)~18日(金)にNHK Eテレで放送される「Q~こどものための哲学~」。同番組は、脚本を「デート~恋とはどんなものかしら~」(2015年、フジ系)などで知られる古沢良太が務める人形劇で、哲学を子どもたちにも分かりやすく伝えている。

登場するキャラクター・少年Qくんの声を本田翼が、そしてQくんが大切にしている縫いぐるみ・チッチの声をガッツ石松が吹き替えしており、毎回「死んだらどうなるの?」や「便利って本当にいいこと?」などの素朴な疑問について、キャラクター同士の対話で理解を深めていく。

今回、本田とガッツにインタビューを行い、それぞれのキャラクターの持ち味や番組の魅力を聞いた。

【写真を見る】少年Qくんと“通じ合う”本田翼
  • 【写真を見る】少年Qくんと“通じ合う”本田翼

Qくんとチッチは一心同体!

――演じているキャラクターへの印象は?

本田:Qくんは小学3年生の男の子で、いろんなことが気になるお年頃だと思います。(Qくんの人形に話し掛けながら)何でも興味がある年なんだよね。

私は、「今回Qくんはどんなことに疑問を持つんだろう」とか、「どういう解決法を導き出すんだろう」と考えていました。収録していてすごく楽しかったです。

ガッツ:チッチは何の人形なのかなと思っていたら、ウサギなんだそうです。生まれが関東の方なので、私の訛りがちょうど合っていたと思います。いつもQちゃんに疑問を与えられているので、耳を手のようにして考えているポーズをしています。

いつもQちゃんにすごくかわいがってもらっていましたし、Qちゃんを見守ってもいました。いつも一心同体で楽しめたと思います。

――印象的だった回はありますか?

本田:(Qくんの口調で)そうだな~? 収録は一日で一気にとっちゃったからな~?(笑) 「死って怖い」っていう内容の回は、とても深いな~と思いました。

ガッツ:Qちゃんと同じように、一日でとっちゃったもんで、あれもこれもごちゃ混ぜで。今見せてもらったら「あれ? こんなことあったっけな?」という感想でした(笑)。

――2話のテーマ「カッコイイってなんだろう?」ですが、お二人はどんなことがカッコイイと思いますか?

本田:今のところの答えはですね…(Qくんの口調で)「足が速い人がカッコイイー!」です(笑)。

ガッツ:「なんにも考えないこと」が格好いいことじゃないですかね。私はよく若者に「青春とはなんぞや」と言うんですけど、青春とはなんにも考えないことだと思うんですよね。だから、そういうことが格好いいと思います。

素朴な疑問を考えてみよう!(2/2)
  • 1
  • 2
「Q~こどものための哲学~」
8月14日(月)~18日(金)朝9:00-9:15
NHK Eテレで放送
※初回のテーマは「なんで勉強しなきゃいけないの?」

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報