この夏はラグーナテンボスに注目!話題の「変なホテル」と「ナイトプール」に行ってみた!!

愛知県蒲郡市にある人気テーマパーク「ラグーナテンボス」。2017年8月1日オープンした「変なホテル ラグーナテンボス」と、今年の夏から開催された「ナイトプール」が話題を集めている。今回はそんな両施設の魅力を紹介するぞ!

恐竜ロボットがフロント対応する“変なホテル”

遊園地「ラグナシア」に西側にオープンした「変なホテル ラグーナテンボス」。このホテルの最大の特徴は、先進技術を導入した“ロボットが働くホテル”ということだ。ホテルのフロントロビーには、親子のティラノサウルスの恐竜ロボットが3体登場する。ロビーの中心で出迎えてくれるのは全長7mのお父さんティラノサウルス。フロントではスタッフに扮したお母さんと子どもティラノサウルスがチェックインとチェックアウトの手続きをしてくれる。

フロントロビーでは全長7mの恐竜ロボットが出迎えてくれる
  • フロントロビーでは全長7mの恐竜ロボットが出迎えてくれる
フロントでは母親の恐竜ロボットが宿泊を受け付ける
  • フロントでは母親の恐竜ロボットが宿泊を受け付ける

また館内では床掃除ロボットや窓ふきロボット、空気清浄ロボットなどが働く様子が見られるほか、アメニティやみやげ物など宿泊者のオーダー物品を運んでくれるルームサービスロボットも稼働。各部屋にはコミュニケーションロボットが設置される。照明とテレビのリモコン操作から天気予報やイベント情報まで、滞在中にさまざまな面でサポートをしてくれるぞ。

そして館内のレストラン「Chef's try table」にも注目したい。このレストランは“変化・進化し続ける”をコンセプトに、伊・仏・和・中の有名シェフが順番に料理をプロデュースしていく。今回、料理を手掛けたのは、東京・銀座の有名イタリアン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合 務氏。料理は地産地消にこだわり、みかわ牛やみかわポーク、三河湾でとれたシーフードなど使った料理が楽しめる。

ラグジュアリーな「ナイトプール」で優雅な時間を過ごそう!

「ラグナシア」では2017年8月31日(木)まで「ナイトプール」(ナイトプール付き入園券1950円ほか)が開催中だ。このイベントは、幻想的にライトアップされた夜のプールを楽しめるというもの。昼間とは一転し、青やピンク、黄色のライトに照らされたプールでは“ラグジュアリー”という言葉がピッタリの雰囲気を味わえる。また、日焼けを気にしなくてもいい点も女性にはうれしいポイントだ。会場では、光るグラスに注がれたドリンク(600円)の販売や光る浮き輪のレンタル(400円)なども行われるぞ。

【写真を見る】光に彩られた夜のプールはムード満点!水着姿もさらに輝いて見える!?
  • 【写真を見る】光に彩られた夜のプールはムード満点!水着姿もさらに輝いて見える!?
ナイトプールで人気のフォトスポット
  • ナイトプールで人気のフォトスポット

期間中は花火スペクタキュラ「ミスティ ノ-チェ」も開催しており、この期間なら「ナイトプール」と「花火」が1度に楽しめるのも魅力。

花火スペクタキュラ「ミスティ ノ-チェ」
  • 花火スペクタキュラ「ミスティ ノ-チェ」

この夏、ラグーナテンボスにオープンした「変なホテル」と、期間限定で開催の「ナイトプール」。夏休みのお出かけに利用してみよう!【東海ウォーカー/淺野倫孝】

【オリジナル動画もCHECK!】ラグーナテンボス ナイトプールにおとめボタンが潜入!

■変なホテル ラグーナテンボス
住所:愛知県蒲郡市海陽町1-4-1
電話:0533-58-2700
料金:時期により異なる
空室状況・料金詳細はコチラ

■「ナイトプール」
期間:2017年7月22日(土)~9月2日(土)
会場:ラグナシア ジョイアマーレの浜辺・セイレーンの泉
住所:愛知県蒲郡市海陽町2-3
時間:18:00~21:00
料金:ナイトプール付きラグナシア入園券1950円、ナイトプール付きパスポート3500円

キーワード

関連記事

このニュースで紹介されたスポット

[PR] おすすめ情報