日本初!ロッテによる“甘くて心地よいホテル”が誕生

4月6日(火)にグランドオープンする「ロッテシティホテル 錦糸町」
  • 4月6日(火)にグランドオープンする「ロッテシティホテル 錦糸町」

“お口の恋人”ロッテが、日本初のホテル事業として展開する「ロッテシティホテル 錦糸町」が4月6日(火)にオープンする。

「ロッテシティホテル 錦糸町」は地上19階、地下2階の複合施設「ロッテシティ」内に開業する“宿泊特化型高級ホテル”。“Tokyo Sweet Stay”をコンセプトに掲げ、総合菓子メーカーならではの「楽しさ」「おいしさ」「やすらぎ」を提供するという。

客室は、シングル3タイプ、ダブル1タイプ、ツイン5タイプ(ユニバーサル含む)の全213室で、一部の部屋からは隅田川花火大会や東京スカイツリーも眺められる(シングル1万3750円〜)。枕カバーやクッションなど、部屋のいたる所に“コアラのマーチ”が配された「コアラのマーチルーム」も注目を集めそうだ。

“Sweet”をうたうだけあって、1階にはロッテ初出店となるチョコレートカフェ「シャルロッテ チョコレートファクトリー」が誕生。チョコレートができるまでを展示したミュージアムスペースも併設され、国内では類を見ないエンターテインメント性の高いカフェとなっている。また、ホテルレストランとして、韓国俳優 ペ・ヨンジュン氏プロデュースの韓国伝統料理店“高矢禮”(ゴシレ)が展開する、「コリアンダイニング 高矢禮 火(ゴシレ ファ)」もオープンする予定だ。

浅草や両国国技館、東京ディズニーリゾートへもほど近く、銀座、新宿、渋谷からのアクセスも良い錦糸町にオープンする「ロッテシティホテル 錦糸町」。観光からビジネスユースまで、幅広く利用できそうだ。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報