コブクロ、ニューシングル「時の足音」について語る

“出会い”をテーマにしたコブクロならではの楽曲だ!
  • “出会い”をテーマにしたコブクロならではの楽曲だ!

10/29(水)にリリースされるニューシングル「時の足音」。ドラマ「オー!マイ・ガール!!」の主題歌にもなっているこの曲は、結成から10年をテーマに2人で作った楽曲だ。「僕らの出会いから10年。ここまでにいろんなことを経験して今日を迎えることの奇跡と、聴いてくれる人への感謝、さらに、聴いてくれた人にとってのいままでの出会いやこれから訪れる出会いなどに、もっともっと光を当てられるように…という思いで作りました」(小渕)

歌詞にも出てくるが、10年という時間を刻んできた時計の長い針と短い針。まるで黒田と小渕のことのように感じられる。「まさにそうなんです。この10年と、いまの僕らの立ち位置みたいのを表す曲にしたいと思っていたんだけど、ある時、たまたまパッと顔を上げたらスタジオにアナログの時計があって。同じ時間を刻んでいるのにそれぞれ進む速度が違うって、なんかおもしろいんじゃないかなあという話をしたんです」(黒田)「その差が個性だったりするんですよね。違う人間である以上、相手のスピードは尊重すべきだし、合わせようと思っても追いつけるものじゃない。むしろ違うこと自体が魅力なんじゃないかと。2人でいることが1+1=2以上のものになるっていうのもそこから生まれてくるのだと思いますしね」(小渕)

10年を経て、お互いをリスペクトしている点はどこだろう?「歌や作詞作曲のことはもちろんだけど、それ以上に小渕はモチベーションの高さがすごい。僕はすぐに心が折れてしまうけど、コイツはいつも全力なんで。そのおかげで僕も自分を保てるところがあります」(黒田)「黒田の魅力は“属さない”ところ。動物園に入ってしばらくたつのにまだエサをもらうことに抵抗を感じている動物のよう。決して僕は猛獣使いじゃないけれど、僕の書いた曲を懸命に黒田が歌ってくれることで、一つ僕自身の夢をかなえてくれているわけだから、黒田が繰り返し歌って飽きない曲を僕は書くべきだといつも思ってます」(小渕)

小渕のモチベーションの高さは、ひょっとしてそこから芽生えてくるものだろうか?「もうそれだけです。そこが一番高いハードル。でもそこを超えさえすれば、僕はなにも怖くないんです」(小渕)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報