東京駅グランアージュにイルミネーションが点灯

メインツリー(イメージ画像)
  • メインツリー(イメージ画像)

イルミネーションが点灯し始める季節になった。東京駅八重洲南口のパシフィックセンチュリープレイス丸の内(PCP丸の内)のGranAge(グランアージュ)では、11/4(火)より12/25(木)にかけてイルミネーションイベント「天使の木漏れ日」が開催される。

フワフワとしたやわらかいホワイトファーで覆われている高さ5mのメインツリーは「癒し」がテーマ。シルバー、ゴールド、ブロンズの3種類のオーナメントボールが約400個飾られ、LEDの光とともにやわらかな木漏れ日のような空間を演出する。

和風創作料理の店「OLD MAN'S UN」や「美味しい酒と美味しい料理 わびさび庵」などが入る、PCP丸の内の2階と地下1階には約2mのホワイトファーのミニツリーが登場。ライトアップの装飾がされた天井とともに白くやわらかな空間を創り出す。また、PCP丸の内の庭園はLEDにより星空のような空間に姿を変える。【東京ウォーカー】

◆GranAge(グランアージュ)とは
グラントウキョウサウスタワーB1Fおよび、パシフィックセンチュリープレイス丸の内B1F〜2Fに2007年11月に誕生。“本物の食”を提供できる専門店22店を揃えた商業施設。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報