『スパイダーマン4』公開延期! 脚本のトラブルで2011年夏以降に

まだ待たせてしまうね
  • まだ待たせてしまうね

2011年5月11日に公開が決まっていた『スパイダーマン4』が、脚本のトラブルで公開が延期に! 最短で夏以降になりそうだとハリウッド・レポーター誌が伝えている。

製作サイドのソニーとサム・ライミ監督の間で、悪役をどうするかの方向性に食い違いが生じたためで、今春からスタート予定だった製作が頓挫。そうなれば必然的に公開も延期を余儀なくされることになり、最短でも2011年夏公開になるという。

同シリーズの悪役には、これまでグリーン・ゴブリン、ドクター・オクトパス、サンドマンなどが登場しているが、今回ライミ監督は、ハゲワシをモチーフにした悪役にしたいと考えているとか。一方、ソニー側はその案には反対で、スパイダーマンとのロマンスを絡めてブラック・キャットという女強盗を悪役にしたいと考えているため、脚本家たちは双方のアイデアを合体させようと試みたが、失敗に終わったという。

実はソニーとライミ監督の確執は、昨年12月中頃にウェブサイトIESBで伝えられたが、そのときソニー側は噂を否定。しかし今だに折り合いがついていないのが現実で、長引けば公開もどんどん遅れることに。一日も早く製作にとりかかってほしいものだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報