岡田准一が「歴代最高の豊臣秀吉」と語る俳優は?

歴代最高の豊臣秀吉と称えられた滝藤賢一
  • 歴代最高の豊臣秀吉と称えられた滝藤賢一

司馬遼太郎の歴史小説を映画化した『関ヶ原』(8月26日公開)の大ヒット祈願イベントが、8月21日に神田明神で開催。岡田准一、平岳大、滝藤賢一、中越典子、原田眞人監督が登壇した。岡田は滝藤が演じた豊臣秀吉について「これ以上にない秀吉だった」と賛辞を贈った。

石田三成役の岡田との共演シーンが多かった滝藤は「車の中で岡田さんに『数々の方が秀吉を演じられてきたけど、どの秀吉が良かったですか?』と聞いたら『そりゃあ滝藤さんですよ』と、ちょっと鼻の穴を膨らませて悪い顔して言ってくれました」と苦笑い。

岡田は笑いながら「石垣の上で控えている後ろ姿が秀吉だったんです。それがしびれる秀吉で。(三成として)仕えていた長さを感じました」と言った後「僕は以前も(NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で)秀吉公に仕えたことがあって怒られそうですが、滝藤さんがいちばんです」と滝藤を称えた。

また、5月3日に永井大との長男を出産した中越は、復帰後初の公の場となった。「清々しい気持ちと、いろんな感情を毎日もらえて、前よりも心が豊かになる気持ちを毎日もらえています」と笑顔を見せた。

その後、映画にちなみ「人生における決戦の日」と題した川柳を披露。岡田は現場で鬼監督と言われていた原田監督に絡めて「鬼が出て、鬼締め決めて鬼ヒット」と詠んで原田監督を喜ばせた。

『関ヶ原』は、正義で世の中を変えようとする石田三成や、天下取りの野望を抱く徳川家康ら、武将たちそれぞれの思惑をつづる時代劇。『日本のいちばん長い日』(15)の原田眞人監督がメガホンをとった。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報