マライア、バネッサ・ハジェンズの母親役に?

役とはいえ年齢が気になる
  • 役とはいえ年齢が気になる

アカデミー賞有力候補と言われている『プレシャス』の地味なソーシャルワーカー役で高く評価され、映画出演の交渉が相次いでいるという噂のマライア・キャリーが、新作コメディ映画で『ハイスクール・ミュージカル』のバネッサ・ハジェンズの母親役を演じるかもしれないと報道されている。

米国で人気のタレント発掘番組「アメリカン・アイドル」をモデルにしたというこの映画は、10代のの娘とその母親がデュオとしてオーディションに臨むという話だそう。

「マライアは、『プレシャス』での成功を次につなげたいと思っている。テレビのタレント発掘番組に娘と一緒に出演して歌う母親役のオファーが来ている。娘役はバネッサにオファーされている」とある関係者は語っている。しかし、一方では「最大のネックは、十代の娘の母親役を演じることにマライアが抵抗を感じないか、という点。彼女は年齢のことになると神経質だから」と出演に懐疑的な関係者もいるようだ。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報