『17歳の肖像』英国アカデミー賞で最多17部門ノミネート

『17歳の肖像』(原題:An Education)の新星女優キャリー・マリガンとピーター・サースガード
  • 『17歳の肖像』(原題:An Education)の新星女優キャリー・マリガンとピーター・サースガード

第64回英国アカデミー賞(BAFTA)の各部門の候補が、1月8日(英国現地時間7日)に発表され、注目の『17歳の肖像』(原題:An Education)が最多の17部門でノミネートされた。

本作は、本年度の賞レースで“オードリー・ヘプバーンの再来”と注目されている若手女優キャリー・マリガンが主演している。共演のピーター・サースガードや、助演俳優らとともに、作品賞、監督賞等が候補に挙がっている。

最終ノミネートの発表は1月21日でまだまだ予断を許さないが、注目の高さをうかがい知れる途中経過だ。授賞式は、2月21日(現地時間)に実施される。【Movie Walker】

作品/脚色/監督/メイク/音響/編集/衣装/美術/撮影/音楽/主演女優(キャリー・マリガン)/主演男優(ピーター・サースガード)/助演女優(エマ・トンプソン、オリヴィア・ウィリアムス、ロザムンド・パイク)/助演男優(アルフレッド・モリーナ、ドミニク・クーパー)/の最多17部門でノミネート

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報