1か月で4本の映画に出演!実力派二世俳優・村上虹郎の勢いが止まらない!!

舞台やCM出演のほか、7月スタートのテレビ東京系ドラマ「デッドストック~未知への挑戦~」で連ドラ初主演を果たすなど、いま最も勢いのある俳優となった村上虹郎。彼の活躍を目にする機会が増えるなか、8月~9月に4本もの出演映画が公開に!

まず、8月26日(土)公開の『春なれや』は、桜の名所・万年桜で知られる熊本県菊池市が舞台の短編ドラマ。“ソメイヨシノは60年経つと咲くことができない”という噂の真偽を確かめるため、老人ホームを抜け出した女性と、ひょんなことから彼女を案内することになった青年の交流を描く。村上は吉行和子扮する女性と行動を共にする青年・幹夫を自然体で演じている。

『春なれや』での、村上と吉行和子が桜並木を通り抜ける場面は壮麗
  • 『春なれや』での、村上と吉行和子が桜並木を通り抜ける場面は壮麗

続いては、赤城大空の同名小説を映画化した『二度めの夏、二度と会えない君』(9月1日公開)。村上は、バンド仲間の燐(吉田円佳)に想いを寄せる高校生・智を演じる。とある悲劇により引き裂かれた燐との関係を深く後悔する智。そんな彼が不思議な力で燐と出会った半年前にタイムリープし、同じ過ちを繰り返さないよう再び同じ夏を過ごそうする。SF的な設定と甘酸っぱい正統派な青春ラブストーリーのなかで、等身大で智を演じる村上の存在感が光る。

バンドマンを演じる『二度めの夏、二度と会えない君』では、プロ級のギターを披露
  • バンドマンを演じる『二度めの夏、二度と会えない君』では、プロ級のギターを披露

そして9月23日(土)に公開されるのが、東野圭吾のベストセラー小説を映画化した『ナミヤ雑貨店の奇蹟』。廃墟となった雑貨店で、辛い境遇にある現代の青年と、悩み相談を請け負ってきた店主の不思議な交わりを描く。村上は養護施設出身の翔太を好演。時間を超えて雑貨店に舞い込む手紙の相談内容に、翔太は怪しがりながらも、次第に親身になって答えていく。そんな若者の心の機微を丁寧にすくい取った村上の姿にも注目だ。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』では、山田涼介や寛一郎と不思議な体験をする3人組を演じる
  • 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』では、山田涼介や寛一郎と不思議な体験をする3人組を演じる

さらに父・村上淳と共に所属するマネージメント会社・ディケイドの設立25周年を記念した映画『AMY SAID エイミー・セッド』(9月30日公開)も待機中。20年前に亡くなったメンバーのエミ(柿木アミナ)を偲び、彼女の命日に久々に再会した映画研究会の仲間たち。大人になった彼らが互いに熱い思いをぶつけていく様子をつづる。本作で村上は、主人公の朝田(三浦誠己)が営むパン店で働く青年・瞬也役に。夢に敗れた大人たちを、少し冷めた目で見つめる現代の若者に扮している。

『AMY SAID エイミー・セッド』では、父である村上淳と共演を果たした
  • 『AMY SAID エイミー・セッド』では、父である村上淳と共演を果たした

10月からはフジテレビ系の深夜アニメ“ノイタミナ”の新番組「いぬやしき」で小日向文世と共に声の出演を果たすなど、“二世俳優”の殻を破って、さまざまなジャンルで存在感を発揮する村上。ますます加速しそうな彼の活躍ぶりから目が離せない!【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報