『三度目の殺人』と「カルテット」は似てる!?

『三度目の殺人』の是枝裕和監督と人気脚本家・坂元裕二がトークショー
  • 『三度目の殺人』の是枝裕和監督と人気脚本家・坂元裕二がトークショー

福山雅治主演の心理サスペンス『三度目の殺人』(9月9日公開)の公開を記念し、メガホンをとった是枝裕和監督と、「最高の離婚」「カルテット」などの人気脚本家・坂元裕二が登壇し、Apple銀座でクリエイターを招く「Perspectives」と題したトークセッションを開催。是枝監督と坂元は『三度目の殺人』と「カルテット」について語り合った。

坂元が是枝監督に、役者を想定して脚本を書くあて書きについて「僕はあて書きって何かわかってないんです。是枝さんは?」と質問すると、是枝監督は「基本、声です。声で書けるかってことなんです」と答え、『三度目の殺人』の弁護士役の福山雅治と、殺人犯役の役所広司について説明してくれた。

是枝監督は「役所さんについてはパーソナリティを知らないまま書いてる。また、福山さんについても、本人は非常に明るいエンターテイナーですが、書き始めるとどんどん嫌なヤツになってくる(笑)。キャラクターに乗っかってるわけじゃないけど、嫌なやつをやらせると上手いと思うと、どんどん筆が走っていくんです」とのこと。

また、初タッグとなった役所の演技にうなったと言う是枝監督。「役所さんが演じられた瞬間、俺、こんな人書いたかな?って不安になり、間近で台本を見直しました。僕以上に読み込んでしまっているので、お芝居として見た時、自分が書いた感じがしなかった。僕はドキュメンタリーのディレクターとして撮らせてもらっているという感覚になり、上手い役者ってこういうことか!と怖くなりました」。

坂元も「こちらも輪郭がはっきりつかめてない人物を、役者がくっきり見せてくれる時ってありますよね。面白い演技を役者さんが生み出す時が。きっと小さい積み重ねで、お芝居の面白い瞬間ができているのかな」と同意する。

今度は是枝監督が、坂元の手がけた連ドラ「カルテット」の松たか子について質問。「『カルテット』は松さんの演技力ありきの話でしょ? 実は僕、松さんて舞台は素晴らしいけど、テレビだと彼女のポテンシャルを生かしきれていないと思っていたんです。でも、あの役は非常に良かった。あの4人の役で圧倒的に彼女のもっている背景が大きいですよね。その埋め方がすごく上手で」。

坂元も「松さんは日本一のコメディエンヌだと思っていて、確実に笑いがとれるという安心感がある」と松を絶賛する。「松さんは何を投げても打ち返せるタイプの人。それは最初からわかっていたので、ほぼ(脚本で)気を遣ってないです」と語った。

「カルテット」では予断を許さない展開が話題となったが、是枝監督は坂元に「周りの3人の俳優は後半の動きを知ってたんですか?」と聞くと、坂元は「誰も知らないです。そういう意味では『三度目の殺人』とちょっと似てますよね」と言う。『三度目の殺人』も役所の演じた殺人犯が謎めいているため、是枝監督も「意外と作り方が似てる。松さんの謎の残し方など、すごく似た作り方をしています」とうなずいた。

『三度目の殺人』は法廷を舞台にした心理サスペンス。勝ちにこだわる弁護士・重盛(福山)が、二度目の殺人を犯した容疑者・三隅(役所)の弁護をする。ところが三隅の供述が二転三転し、重盛の心がかき乱されていく。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報