国民的美少女・高橋ひかる「ゾンビが大好き!」中川家の鉄道ネタにも感激

高橋ひかるの意外な素顔に中川家もびっくり
  • 高橋ひかるの意外な素顔に中川家もびっくり

韓国発のサバイバル・アクション映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(9月1日公開)の公開直前イベントが8月30日に都内で開催され、中川家(剛、礼二)と高橋ひかるが登壇。“国民的美少女”の高橋が「ゾンビが大好き!」と告白した。

本作は、韓国の高速鉄道KTXの車内で起きた感染爆発の恐怖を描く物語。この日は映画の内容にちなみ、中川家は鉄道ネタを披露。高橋は「生で見られてうれしいです!」と楽しそうな笑顔を見せていた。

3人もゾンビが大暴れする本作を鑑賞したそうで、剛は「街中を逃げ惑うのをイメージしてたんですが、電車のなかということで。狭いので怖かった。息が詰まる感じ」、礼二も「もし東海道新幹線でこんなことが起きたらどうなるんだろうと想像した」と緊迫感あふれる展開に没頭した様子。

一方、第14回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞し、女優としても活躍中の高橋は「ゾンビが大好き!」とニッコリ。キュートな見た目からは想像つかない言葉に、中川家も「おお!」とびっくり。高橋は「しかも、ただのゾンビ映画じゃない。2時間、ずっとドキドキしっぱなし。愛する人を最後まで守り抜こうとする姿もすごく素敵だなと思いました」と興奮気味に感想を明かしていた。

また、「もし、電車のなかで感染者に襲われたらどう対処する?」と聞かれる一幕も。礼二は「新幹線の車内は把握してますので、逃げるところはわかっている。業務室に隠れる」と鉄道マニアならではの回答。剛は「荷物を置くところ。あそこ見えへんと思う」と網棚をチョイス。

高橋は「ゾンビと戦いたいです」とここでも意外な一面をのぞかせ、「(劇中のアクションが)かっこよかった。憧れます」と瞳を輝かせていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報